森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 首相とか知事とか、厚生労働省の担当者とか、ちゃんと休養、休まないと | main |

他民族音楽の方々は、入場料取ってリモートライブしないかしら。

 

あ

やっとパソコンのネット接続が治りました。はは。

 

最近偶然、コンビニでティンクナの「福井岳郎氏」を見かけました。

(向こうは気づいておられないと)

 

それから短い時間でしたが、偶然テレビのご当地探索番組で、

サンポーニャ奏者の岡田浩安氏が出演されていました。

 

それで思ったのですが、

皆さん、新型コロナの脅威がなくなるまで、

非常手段として、リモートライブを入場料取って、

したらいいのになぁ〜と。

 

新型コロナの流行で、ライブやコンサートも中止になっています。

何年このリスクの高い状態が続くのか分かりませんが、

必ず終焉が来ると思います。

それまで、どうしたらいいのか。

 

ファンである観客サイドの感染リスクだけでなく、

出演者のミュージシャンは、感染する可能性がかなり高いように思われます。

 

自己免疫疾患や肺疾患等の持病のある方も、おられます。

そういう方々には、新型コロナの脅威が消えるまで、

絶対に北海道ツアーに来ないでもらいたいです。

来て頂いても、何も嬉しくないです。

 

何年かで解決する問題が、今、蛮勇をふるい、ことを急いだばかりに

新型コロナで健康を大きく害して、もう音楽活動出来なくなるような

ことになったら。

 

が、しかしずーっと何もしないのも淋しいですよね。

だからそれまで例えばリモートライブっていうのもいいですよね。

 

予約制で、ある程度人数集まったら、日時を合議して、

普通のチケット代も前払いして、

リモートライブ、打ち上げも可能ですね、

 

だからまたライブやコンサートが出来るまで、

きちんとチケット代を取り、予約制で。

 

いつもライブ会場でお会いする、観客仲間の方の顔を見れるし、

もちろんミュージシャンにも会える。

 

ライブ演奏の本当の素晴らしさは音質的に、

こういうのでは難しいかと思いますが、

それを承知の上で、やったらいいのでは?と思ってみたり。

 

機械弱い私は、そういうの分からないですが

1度方式を作り上げれたら、あとは定期的に実施するのもいいですよね。

 

入場料支払って、ただのライブ配信だけでもいいですよね。

まずは募集して、テスト的に実施したり。

 

ポップスとかのメジャーな市場で活躍されているアーティストの方々は、

お金持ちだから、無料でYouTube動画を公開されているようですが、

マイナー市場の場合(演奏の良さは素晴らしいですが)、

絶対に無料配信してもらってはダメだと思います。

みんなで応援して、盛り上げたいものですよね。

 

ライブ演奏と音質が全然違うので、演奏サイド側としては、

チケット代を取るのを嫌がられる方もおられますが、

ファンとしては、新型コロナが終わるまで、

こういう形で、楽しくいろいろ活動してほしいと

思ってしまっています。

 

リラックマVer.2

ホテルオークラ札幌の苺ショートケーキは、

「王様のショートケーキだ」と思う程の美味しさ、品格でしたが、

チョコレートケーキも「王様」でしたね。

 

「マルキーズショコラ」。自分好みってうのでしょうか、

もう最高です。

 

来年は移転のため閉館されるそうです。

しかも今は新型コロナで....。

 

レストランは、クリスマスケーキみたいなきちんとした予約制で、

食事のテイクアウトなどをしたりして、

ご無事でいてほしいと思っています。

最近あちこちのホテルでやっているらしいです。

 

これは自分側の勝手な思惑です。

 

そして新型コロナ問題が解決して、

安心して生活出来る世の中が戻ったら、

 

インド古典音楽の(インド舞踊付きでも)ディナーショー何かも

あったらすごなぁ〜と思っています。はは。

 

オークラのチョコレートケーキ

https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/restaurant/precious

 

 

 

森の休日社
http://www.morino-kyu.com

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする