森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 追加インド古典音楽公演:2月9日マディヤ・プラデーシュ州のインドール!!! | main | 生き延びてほしい、北海道他の商業施設 >>

井上憲司氏 インドでインド古典音楽演奏とレクチャー

SMILY

シタール奏者・井上憲司氏のインドツアー、

追加公演でした。

 

この後、井上憲司氏は、インドの寄宿学校で学生達に

インド古典音楽のレクチャーをして、演奏をするという

貴重で名誉な機会に恵まれました。

 

井上憲司氏のインド古典音楽解説

http://kenjiinoue.com/#indian

 

17の時にインド古典音楽と出会って渡印してからの修練の日々を

思うと、感無量だったかと思います。


インドの至宝、インド古典音楽の値打ちは、

外国各国の有名なアーティスト達によって世界に広まり、

世界中に根強い熱狂的なファンがいます。

 

しかしその一番微妙で素晴らしい味わいは、CDや音楽ファイル等の

音源に保存するのが難しく、

修練を重ねたインド古典音楽の演奏家のコンサートを

生で聴くしかありません。

つまり運いい人しか聴けないです。

 

インド古典音楽

http://www.morino-kyu.com/inouekansou.html

 

演奏の聴こえ方

http://www.morino-kyu.com/ensousyurui.html

 

だからyou tubeのランキングに入るような、ポップスっていうの?

そういう系の、種類と良さの又違う音楽に比べると市場はとても小規模に

なるしかないです。

 

インドでは昔からマハラジャ、王族貴族が擁護した音楽ではあったのですが、

現代のインドの若者達の間には、かつてほどの勢いはなく、

日本でいう所の、歌舞伎や能のようなものなのでしょうか?

 

知れば知るほどハマっていくインドの至宝、インド古典音楽の

灯火を消さないように、がんばってほしいと思います。

 

昔、一時人気が陰ったような日本の国技、相撲も

モンゴルやハワイ等の外国人を入れて、

又大きな盛り上がりを見せてきました。

 

努力すれば外国人でも、日本でいい相撲が取れている。

そしてその存在に奮起して、逆に日本人の力士が又がんばって、

角界はいい具合に盛り上がってきていましたね。

 

インド古典音楽の灯火を絶やないでほしいです。

インド古典音楽の炎を更に大きくする為のエネルギーの1つに、

又は、インド古典音楽における刺激的なスパイスに

井上憲司氏がなれたら、

ご本人も身に余る光栄だと思います。

 

ショパンコンクールやチャイコフスキーコンクールというのが

ありますが、

インド古典音楽も、そういうのが毎年行われて、

世界中からインド古典音楽の演奏家が集まるっていう位に

盛り上がってほしいと願って止みません。

 

だってハマると本当にヤミツキになる音楽なのです。

 

ああ、又Ragaが聴きたい〜。

(井上憲司氏のシタールが....)

 

井上憲司氏サイト

http://kenjiinoue.com/

 

井上憲司氏ブログ

http://kenjiinoue.com/#blog

 

井上憲司氏特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42236

 

 

 

BASANT MUSIC CONCERT in Bhalwara

日時:2020-02-10(月)

 

 

今、国立がんセンターとご自身の気力で大病を克服しつつある

井上憲司氏ですから、

インドツアーでの体調もファン皆んなとしては気になる所です。

 

あ

やはりコワいのは新型コロナウィルスですね。

一刻も早い、ワクチンや特効薬が待たれますね。

 

中国では治療に当たる医師の死者が増えて、

治療してくれる人がいなくなっているそうですね。

 

日本でもそれを避ける為に、

医師は宇宙服みたいな防御服

(そういうの着てる検疫官も感染してますが)、

 

 

又はガラス張りの小部屋にマイク入れて、

外側の感染者を治療するとか

してもらわないと、日本も同じになりそう。

 

感染症は通常と違う診療スタイルを取らないと、

次々治療者が倒れて亡くなっていくような自体になって、

マイナスの連鎖が更に起こる可能性が....。

誰が助けてくれるというのでしょう。

 

高齢の家族がいる家は特に心配が大きいですよね。

高齢者は家の中に閉じこもっていてほしいですが、

しかしその間に、足が萎えたり、認知症になったりする可能性も。

その両方で悩みが。

 

「これやったら少なくとも絶対感染しない」という外出方法は

ないのでしょうか。

 

家族は誰か感染したら、

家族みんなが感染してしまう可能性大きいので

自分が気をつけることが家族を守ることでもありますよね。

 

何と医療機関でもスタッフのマスクが在庫限りで

手に入らないという話もちらほら聞こえてきます。

 

医療福祉機関のスタッフが感染すると、

患者さん、入居者の方にも広まりますから

どうにかしないと大惨事ですよね。

 

マスクや消毒薬も、メーカーの製造工場は中国等にあったりしてて、

中国の人に高値で爆買いされてしまったら、

幾ら製造しても日本には流れてこないですね。

日本より高値が付いたら、1つ残らず中国に売ってしまうでしょうし。

 

でも国内で月に6億枚の製造が始まったというので、

お国の対応にちょびっと安堵しています。

 

(まだ売ってるのほとんど見たことないですが)

 

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e2a8d53c5b6779e9c30527b

 

苺

柳月のバスキュー、ウマです!

マジ嬉しかった。

http://www.ryugetsu.co.jp/items/basuq/

 

バスキューというスペインのバスク地方のチーズケーキが

全国的に流行しています。

コンビニ各社もバスキューを売っている。

 

で、私も食べてみましたが、

チーズケーキの田舎まんじゅうみたい、と

思いました。

 

誤解しないで下さい。

これは悪口でなく、私は田舎まんじゅう美味しいと

思っていますから。

 

ローカルな温かい美味しさだと思ったのです。

 

でも、柳月の「トカチック・バスキュー」を

食べたら、びっくりしました。

本当に美味しかった。

 

トカチックとは十勝であり、スペインのバスキューを

十勝風にアレンジしたという意味なのでしょう。

 

オーソドックスなバスキューと違い、

中がトロっとしているのですね。

プリンぽい良さも。

 

これワンホール売りで決してお安くはないのですが、

開店と同時に売り切れるという大人気。

予約買いしようとすると、月初めなら、買えるのは月末という

ような事態です。

 

カット売りが待たれます。(ないか)

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする