森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 2019年9月15日 井上憲司氏札幌インド古典音楽コンサート!!! | main | 2019年秋の、井上憲司氏 来道コンサート無事行われました >>

最近の嬉しい出会い、深川シードルと、見た目地味な「ふっくリング」

リラックマVer.2

最近、嬉しい出会いがありました。

札幌大通公園オータムフェスタ2019の、ほっかいどう市場の

深川市の屋台です。

 

まずクラフトシードル、

深川のお宝 「深川シードル編」。

https://blog.goo.ne.jp/fukajun_2011/e/289fb5614f0ed813dfa573322ea80fb1

 

深川市でりんごを作っているのは前から知っていましたが、

りんごの産地としてそんなに有名な所ではないなぁ、と思っていました。

 

でも、実は深川市は寒暖の差が大きく、

それがりんごに絶妙な甘さと酸味を与えてくれるそうです。

 

りんごの発泡酒酒、シードルは某大手2社のを、多くのスーパーのお酒売り場で

買うことが出来ます。

コンビニにもありますね。

 

たまに飲みたくなって買いますが、淡い軽いお酒です。

 

私が飲んだ、深川シードルもそういう味ですが、更に密な感じがします。

大量生産したら、その工程で失われてしまいそうな、

はかない美味しさ。

 

深川シードルの受賞歴

第一回フジ・シードル・チャレンジ2017:銀賞
第二回フジ・シードル・チャレンジ2018:銅賞
ジャパン・シードル・アワード2018:一ツ星
第三回フジ・シードル・チャレンジ2019:金賞
ジャパン・シードル・アワード2019:二ツ星

 

 

バーや、カフェでも置いて欲しいと思ってしまいました。

 

まだ飲んだことないですが、ドライやプレミアムもあります。

 

も1つ深川産では、見た目地味ですが驚いたものがありました。

ふっくリング。

 

深川の名米「ふっくりんこ」は、

お米だけ食べる分には、ゆめぴりかの様な旨味はないですが、

おかずと合わせたとき、おかずの味を引き立て、邪魔せず、

それでいて白米のウマさ満喫させてくれる感じで、私は大好きです。

 

このふっくりんこで作った米粉製のグルテンフリーの焼きドーナツが、

「ふっくリング」です。

見た目は地味そのもので、グルテンフリーの健康感はあるものの

おいしそうなおやつが他にあれば、あまり手が出ないような雰囲気。

(許して)

 

でも、食べて私は驚きました。美味しいの。マジ。

一番人気のりんごを頂きましたが、

香ばしさ、コク、もちっとした食感、丁度いい甘み、あっさり、

いい紅茶や、コーヒー、緑茶を入れて

ゆっくり食べたいと思いました。

 

深川のお宝 「ふっくリング編」

https://blog.goo.ne.jp/fukajun_2011/e/ebfd96ae4ee0f9364daa097d15c803d2

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする