森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 水道施設老朽化、水道局民営化の救世主は誰? | main | 井上憲司氏&黒田真介氏インド古典音楽 2019/06/08 >>

マウスピースありがとうぅぅ〜!!!

あ

歯科のマウスピースを使っている方は多いと思います。

一方で、あまり知らない方もいるかも?

 

顎関節症の人が使うというイメージが一般的ですが、

その他にもいいことが沢山あります。

 

25年位前、歯科のマウスピースの評判は悪いものだったように

思います。

顎関節症でマウスピースをずーっと入れてたけど、

治らなかったとか、

あちこちから聞きました。

 

それで私の個人的なイメージも良いものではなかったです。

だから私は歯科でこれを勧められたときも、

正直言って、乗り気でなかったです。

 

本当のことを言うと、20年以上お世話になってきた、

私の歯を守ってくれた、子供の頃は歯科恐怖症だった私の

歯科恐怖症を治してくれた、この先生に対する恩返し、

「いつもありがとうございます。義理で1つ作ってもいいよ」

っていうものだったのです。

 

それにインプラントとか、そういうリスクのある

(やむを得ない場合の方はしかたないですが)

個人的に絶対的にしたくないというものではなく、

自分の歯を損なうことなく、付け加えるだけのものだったから。

嫌なら使わなければいいですから。

 

(最新医療というのでしたら私は、再び歯が又生えてくる、

IPS細胞が安全になるのを待っています。ずっと)

 

で、今では私はこのマウスピースが手放せません。

 

顎関節症も、ずーっとつけていると

昔と違って、治ってしまうのですが、

それだけではないのです。

 

真面目に歯を磨いているのに、

歯のトラブルが起きるということがあります。

 

年取ると歯茎から歯が抜け落ちてきてしまう

というような不幸に見舞われる場合が増えますが、

歯に違和感があって、何か抜けそうに思えるときに、

マウスピースをして寝ると、治ったりします。

 

あと毎日歯を磨いているのに、歯が痛くなることがあります。

そういうとき、マウスピースをして寝ると、

歯痛が治まっていることがあります。

 

首筋を変にしたときに、マウスピースをしたら、

気のせいか治りが早かったということもありました。

 

昔作った時も、1万円かからなかった気がします。

出来上がっても、時々マウスピースを調整してもらわなければ

なりませんが、それは特にそんなにお金かからなかったと思います。

 

今では家宝です。

 

ちなみに、

私は別にこの歯科の先生と歯科診療以外に話をしたことはなく

いつもマスクをしているので顔もあまり見たことないのですが、

診療受ける度に、感謝で一杯になります。

 

「80才でも20本以上自分の歯を残そう」という

日本歯科医師会の8020運動の賛同者である私の希望に添う治療を

本当に良心的に、素晴らしい技術で行って下さっています。

先生がこれからも無病息災で、元気で長生きして、

いつまでもご活躍されることを祈っています。

(今年で通院26年目)

 

皆さんも、そいういう行きつけの歯科に出会っていることを

祈ります。

どんな歯科がいいかとか、どんな診療がいいのかとか、

そういうことは分からないです。

ただ、転倒、事故等の災難もありましたが、

この年まで自分の歯が多いということが

どんなに嬉しいことか。

(大通日の出ビルの上の、昔からある巨大な歯科病院です。

先生だけでもすごい人数います。

 

私の知人や職場の人達も、それぞれの歯の悩みで、

ここの「それぞれの先生」にかかっていて、行きつけていました)

 

ちなみにここは歯科衛生士の方の指導もめちゃいいです。

歴代の歯科衛生士の方々にも感謝です。

 

ここでは歯ブラシを作っていますが、

それがまたいいの。一本300円です。

歯茎の調子悪い時、この歯ブラシの古いのを捨てて、

新しいのにすると、治ることがありますから。

 

そして、マウスピースを絶賛してしまった私ですが、

個人差があるので何があるか分かりません。

保証は出来ないですので、ごめんなさい。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする