森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ー茲蠧れたい!!世界のいじめ対策!!!&井上憲司氏Ragaレクチャー | main |

2019年春 追加コンサート:シタール奏者井上憲司氏 

インド古典音楽等の井上憲司氏の2019年春の来道、

追加コンサートのスケジュールが出ました。

 

嬉しいです。

またこの春を迎えられる喜び、現代医学の力、

その他井上氏を支えて下さる、沢山の方々の力の凄さに

びっくりです。

 

体力的にキツくなってきたら、

その時は無理せず、人生を長い目で見て養生してほしいと思いますが、

その辺りはご本人と主催者の方々のご判断ですよね。

 

正直、奇跡を起こして、大病をかなり克服しつつある井上憲司氏ですが、

井上氏の病気は、食事療法を強いられるものであるらしいです。

 

昔のように、「酒を飲み、揚げ物やチップスを全部頂く」みたいな、打ち上げを

していると、また病院に逆戻りになってしまうのでは?

余計なお世話ですが、スケジュールのキツい時は、

次の公演の為にも、ヘルシーな食事療法がんばってほしいと思っています。

 

私、昔、「前日の公演の打ち上げで、翌日演奏者が二日酔い」っていうコンサートに

行ったことありますから。(はは)

 

でも、客席はいい音楽を聴いた後は、大いに盛り上がって、

井上さんに見せびらかしつつ、楽しくお酒や食事を大いに楽しんで

もらいたいです。

その方が、井上氏も主催者の方も嬉しいと思いますので、

遠慮なく、盛り上がってほしいですよね。

かけがえのない、ファンの方々との交流。

 

客席も次の日は、仕事や勉強がありますから、

盛り上がって、

明日へのエネルギーを貯め、ストレスも解消!!ですね。

 

北インド古典音楽

日時:2019-05-18(土)

17:30open 18:00start

黒田真介/Tabla、井上憲司/Sitar

¥3,000

Kinotone円山

札幌市中央区大通西28丁目3-30

TEL 011-839-2451

予約:090-9188-5596 Kanabe Abe

 

津軽三味線とシタールの響宴

日時:2019-06-03(月)

20:00start

山本竹勇/津軽三味線  井上憲司/Sitar

前売¥2,500 当日¥3,000(drink別)お泊まりコース¥10,000 

LIVE・打ち上げ飲み放題・宿泊朝食付(男女別相部屋)

しろくまカフェ

北海道虻田郡ニセコ町字里見82-4

TEL 0136-44-3368

 

津軽三味線とシタールの響宴

日時:2019-06-05(水)

18:00open18:30start

山本竹勇/津軽三味線 井上憲司/Sitar

¥1,000

 

安田侃さんの彫刻や打上花火との「響宴」をお楽しみください。

20:00〜花火打ち上げ

アルテピアッツァ美唄アートホール

北海道美唄市落合町栄町

TEL 0126-63-3137

問い合わせ:アルテピアッツァ美唄夕暮れライブ「響宴」実行委員会

      TEL090-2819-7950(株)雪屋媚山商店 本間

                                                                                                      あ

さよなら「スガイビル」

 

すすきのの近くの、「須貝ビル」が、閉館します。

30年近く前から、私はこのビルに時々、通うようになりました。

「映画館」「ボーリング場」「カラオケボックス」。

 

昔はレンタルビデオとかなくて、

映画は映画館で見ました。

だから映画とは、今より切なく、尊いものでもありました。

映画館とは、その街の文化でした。

大型スクリーンで、集中して映画を見るためだけの場所と時間。

だから家で観るより、映画のパワーがより染み込んで来るカンジですね。

 

高校生の頃は、古いイタリア映画特集があって、それが「スガイ」デビューでした。

 

それから、アニメブームの「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。

シリーズ2、「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、スガイの大型劇場、連日びっしりの客席でした。

大スクリーンはプラネタリュウムさながらに、宇宙空間を映し出し、

観客全員がヤマトの乗り組員になっていたような気がしました。

デスラー総統や、沖田艦長、森雪、

そして古代君(ぐしっ)。

 

(ああ、今や地球環境はあの映画に近づいていくのか...)

 

映画館の支配人は、キャラも含めて有名な横田昌樹氏。

良い映画一杯見せて頂きました。

http://kitanoeizou.net/blog/?p=2272

 

最近、職場の先輩にも聞いてみましたが、

やはり「デート」の時、ほぼ必ず1回は「スガイ」に行ったという

人がほとんどではないでしょうか。

職場の飲み会の、ボーリング大会とか、カラオケ2次会もありですね。

歴代の彼氏、歴代の友達、転職する度に職場で...という話も

聞こえてきました。

 

そんなお世話になったスガイビルが閉館なんて、本当に淋しいです。

またどこかに場所を探しておられるということですので、

ぜひ新しい所でまたがんばってほしいと思っています。

https://www.sugai-dinos.jp/cinema/sapporo/

 

ジョブホールが閉館し、スガイが閉館する。

残るはシアターキノ。

ああ、エルフィンランド、旧館からお世話になっておりました、

素敵な中島支配人兄妹様、どうか後継者を見つけて、

せめてキノだけは消えないでほしいと願って止みません。

 

https://www.theaterkino.net/ttB.html

 

ああ、学生時代の気持ちに戻って、あの頃みたいに

映画みたり、音楽きいたり、本読んだり、

人と付き合ったりしたいです。

 

何でも分かったような気になって、

生活、つまり仕事と家庭以外は

後回しにしているような気がします。

睡眠とストレス解消優先になって。

 

生活に追われる毎日ですが、

そういう気持ちだけでも、なくしたくないと

思っています。

今は。

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする