森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新型タクシー、高齢者等のために何とか出来ないのでしょうか? | main | この頃、水琴が注目されている >>

ついに星直樹氏のソロアルバム

♪

星直樹氏のソロアルバムが発売されていました。

こうやって忙しく毎日が過ぎていくと

目の前のことしか見えなくなってしまうのですね。

発売されてから、結構時間が経っていました。

 

ソロやRINKAでギタリストとして、花開いていった星直樹氏のライブ演奏。

(ブズーギーもいいですよ)

 

ライブで聴くのと又違う別の良さがCDにはありますね。

ひと言で言うと、いいCDでした。

星氏の体温が感じられるような気のする。

 

癒やし、ノスタルジー、染みるようなアコースティックサウンドです。

 

ギター演奏にはいろいろな演奏の仕方がありますが、

このCDの星さんは、厚みがあって骨太で、

引きがあって、内省的、大人の軽快さ、

そういうものがありました。

 

時空を巡るような、冬の夜の暖炉の火のような。

 

個人的には、「Jenny's Welcome to Charlie/Norman and Nancy」

「Flatwater Fran」が好きです。

 

「The Pigen on the Temple Gate」も素敵な曲でした。

RINKAの相方である小松崎操氏の作曲です。

彼女はHard to findのフィドル奏者でもあります。

 

購入は以下です。

https://rinka-irish.jimdo.com/

 

星直樹氏

https://www.facebook.com/naoki.hoshi.31

 

小松崎操氏

http://blog.livedoor.jp/irishmelodies/

 

星直樹氏、小松崎操氏 特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42239

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする