森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 追加公演:シタール奏者 井上憲司氏 北海道2018年6月 | main | あと6日で井上憲司氏印度音楽古典コンサートで〜す >>

吉田ユウ子 姫声 健在+++!!!!

ケーキいや〜、やっとティンクナのコンサートを聴く事が出来ました。

南米音楽中心のユニットです。

ティンクナのファンの方が、九州に渡り、自らの経営するペンション

このユニットの名前をつけた程の人気です。(辛いことですが熊本大震災で現在休業中

そもそも活動回数がとても少ない上に、

私はいつも個人的に用事が重なり、ご無沙汰してきました。

 

ごめんなさい。

はっきり言って今の私は借金と仕事と家庭の事情により、

昔みたいに、いろいろ鑑賞して歩くことが出来ないです。

ストレス解消のカラオケにも行けなくなってますから。

1日も早く借金を返済し、仕事がお休みの日には、

森の休日社活動等をしたいものです。

 

作詞作曲、劇団「千年王國」の演劇・音楽、南米音楽等で活躍の福井岳郎氏と

東京を中心に、ソロ、MAYA等で様々なアーティストと共演されてきた

サンポーニャ奏者・ケーナ奏者の岡田浩安氏は

これまでも素晴らしい活動をされてきましたが、

 

吉田ユウ子氏は結婚・出産後はなかなか舞台に上がることは少なかったように

思います。

だからあの「金の姫声」は多少サビても仕方ないなぁ、と思っていました。

しかし、健在でした。しかもさらに細部の完成度がアップしている。

打楽器の演奏も微妙に良かった。あの毛皮の付いたボリビアの大太鼓。

外見も、なぜかあまり変わっていない。

 

「月の声聴いてる」(吉田ユウ子唄う、福井岳郎氏の名曲)、

どなたかがアニソンに採用して下さらないでしょうか。

レパートリーを増やして、

またいろいろ、ボーカリストとして活動してほしいと願っています。

 

あ、福井岳郎氏のボーカルが、今までの所から、

どこか微妙に変化してきている気がしました。

新たな境地でしょうか。

抑制の効いた良さが出て来ている。

これまでの福井氏の良さと新しい良さと、

どうなっていくのか?

楽しみです。

 

岡田浩安氏はいつもながら、演奏は素晴らしかったです。

が、なぜか体調が良くないように思えたのは、気のせいでしょうか。

ご健康、ストレスにお気を付け下さい。

 

 

福井岳郎氏サイト

https://tinkuna1126gakurou.wixsite.com/gakurou

岡田浩安氏サイト

http://www.ashibue.com/

 

ティンクナ特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42238

 

あ

ボルタモーラス。

「ボルタモーラス」って・・・。

仕事柄、体のあちこちが痛い人が結構いると思います。

そういう人の好きなもののことです。はは。

 

私は昔から、時々整形外科に行き、自分の状態をチェックしながら、

モーラステープ(湿布)とボルタレンゲル(塗り薬)を貰うのです。

特にモーラスは汗をかいても剥がれないし、胃弱の私でも使える貴重な薬です。

ただしご存じのように、ボルタレンとモーラスは同一箇所に両方塗って貼ったらだめです。

やりたい時はありますが。

 

このお陰で、何とかこんとか今までやってこれています。

 

私の知っているご夫婦も、

夫婦それぞれが毎月病院でこのモーラステープを10袋づつ貰い、

本棚に積み上げ、時々眺めては「湿布があるって、幸せだね」と、

夫婦で微笑み合うそうです。はは。

 

ところが、政府の医療への締め付けが厳しくなり、

整形外科で1ヶ月にもらえる湿布(モーラステープとか)の

枚数が規制されてしまったのです。

1ヶ月に10袋まで。

これじゃ、体使う人と、高齢者は足りないですよね。

あ〜ん、日本のどっかから石油でも出ないでしょうかね。

 

はは。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする