森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 久方ぶりのライブ | main | 2018年 初春の喜び >>

AIは、あなたの会社の製品を購入してくれるのか?

クッキーモンスターいやですね。就労開始年齢から、大不況がほぼ続いた世代の

せいか、AI(人工知能)のニュースを聞いても、何も嬉しくなりません。

 

最近、みずほ銀行の大量人員整理計画の話がマスコミを賑わしましたが、

もしや?と思って内容を聞くと、やはり業務にAIを導入するということも

理由の1つだそうです。

 

人間とAIを比べるニュース特集番組などを見ると、

優れた部分もありますが、高度なことになると、

まだ人間に比べてAIには、トンチンカンな部分があり、

笑いを誘ったりもしています。

 

しかしホーキング博士が言ったように、

自己学習機能のあるAIはどんどん、どんどん学んで進化し、

いずれは人間を凌駕する能力を手に入れる可能性が高いですね。

 

幼児がどんどん、どんどん、学んで成長して、賢くなっていくように。

今、AIは何才くらいなのでしょうね。

 

AIで儲かるのは、企業の経営陣だけだと思います。

末端で働く、例えば私のような人はAIに追いやられてしまいそう。

 

AIで経費節減は出来ると思います。

人件費を大幅に削減して、その分、企業は儲かるのでしょうか?

 

私は、1つ聞きたいことがあります。

 

AIは、あなたの会社の製品を

購入してくれるのでしょうか?

 

国民が仕事にあぶれず、正社員の収入があれば、

国内消費は高まり、国が富むことは確かです。

 

しかしAIに追いやられ、貧しくなる一方の国民が増えれば増えるほど、

国内消費は低下してしまう。

 

それは地球にとって望ましいことなのでしょうか?

 

科学、経済、政治、全てが人類を幸福にするためにあるという

のではダメなのでしょうか?

 

「それに、人間社会はついてこれるのか?幸福になれるのか?」ということを

何かを選択する基準にしてはダメなのでしょうか?

 

封印された「ジャンル」というものがあってもいいのではないのでしょうか?

 

な〜んって思うのは、良くないことなのでしょうか?

 

誰か頭の良い人、教えて欲しいです。

 

リボン酔って、you tubeを見るのが、私のストレス解消法の1つです。

生の音楽を聴く、ライブやコンサートを除いては、

自分にとっては大きな楽しみの1つです。

 

しばらく辛いことがいろいろあったので、

ラテンアメリカの音楽ばっかり聴いていた時期が

ありました。何か、自分の空気が。

 

で、聞きたいメジャーなミュージシャンの音楽の動画が、

ほとんどぜ〜んぶ、このyou tubeにアップされているのです。

ああ、聴きたい曲全部聴けて、ミュージックビデオも見れて

大満足、と思います。

 

(ま、本当はミュージックビデオが付くと、

ミュージシャン自体が音楽で表現しようとしたことが

ズレて伝わる可能性が高いと思います。

別物として楽しむならいいのかも。)

 

で、時々、ふ、と思うのですが、

これで広告料を稼げる超メジャーなミュージシャン以外は

どうなのでしょう?

CDやDVDの売れ行きが激減したとしても、

大丈夫なのでしょうか?

 

アーティストは、作品によって、早々と

生涯賃金を稼ぎ出して、後は創作活動に専念出来る生活に入れるのが

理想だと思います。

創作活動には、いろいろな資料、勉強が必要だし、

トレーニングだけでも経費が一杯かかると思います。

 

それが出来ないひとは、

アートも生活費を稼ぐための仕事も中途半端になって

疲れ果ててしまうというイメージがあります。

 

昔からよくある、素晴らしい作品を残しながらも、

早死にしてしまう貧しい有名アーティストの物語ですね。

 

生涯賃金を稼ぎ出せないと、アート専業にはなれないので、

作品の数も当然少ないでしょうし、アーティストでいること自体を

断念してしまう場合も多々あると思います。

 

また家族がいれば、どうしても生活費を稼げる仕事重視となり、

アートは趣味程度になってしまうかも。

 

シュリーマンは定年退職してから、遺跡発掘の夢を叶えたといいますが、

毎日の練習量がものをいう、アートという分野では、

なかなかそうはいかないかも?

 

もしアーティストが生活費を稼げないのであれば、

アートに命をかけて頑張る人が減っていき、

最後はアートは衰退し、水準も下がっていくような

気がします。

 

音楽会社は、you tubeとかに権利金を払って貰えてるのでしょうか?

アーティスト自体は、you tube等で作品が無料公開されても

大丈夫なのでしょうか?

 

その辺りのしくみが分からないです。

大丈夫ならいいのですが。

だってリスナーも、懐温かい人多くないと思うから。

 

苺近所のローソンがなくなってしまいました。

健康のことを考えてくれる、唯一のコンビニ。

それでいて味もがんばってるコンビニは、ローソンだけ。

ローソンって、ある場所には何軒も密集していますが、

ない地帯には、一軒もない。

ま、幸い、職場の近くにあるので、まだいいですが。

 

ちなみにローソンは、こんにゃく麺を置かなくなったのでしょうか?

辛いことが続いたせいか、つい炭水化物を沢山摂取し、

じりじりと体重が増加しています。

そんなとき、お助け神は、ローソンのこんにゃく麺サラダでした。

http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1309631_1996.html

 

こんにゃく麺はいくつかのメーカーで作っていますが、

美味しいのもあるけど、そうでもないのがあります。

でもローソンのは美味しかった。

あれ又売ってほしいなぁ、と思っています。

 

森の休日社
http://www.morino-kyu.com

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする