森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Al...。あの時と同じ? 分岐点って今? | main | 惜しくも9月19日まで、「海の幸山の幸入り」 深川の屋台 >>

奇跡は起きました

ペコちゃんローソンのmachi cafeシリーズで、カフェインレスコーヒーが売られています。

お店で飲むのもありますが、一杯分の小さい袋が1つ74円で販売されています。

あれ、最高好きです。

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1297860_2504.html

 

激辛ブームで胃をこわした人が増えたので、ローソンがカフェインレスコーヒーを

販売し始めたのでしょうか?真相は分かりません。

 

元々胃の弱い私は、ノンカフェインしかコーヒー飲めなくなりました。

こういうの、カフェインゼロではなく、3〜6%は位入ってるらしいです。

 

スーパーのネスカフェインスタント赤ラベルでも、ダメな時は胃にコタえるので、

ごく薄で飲んでます。

片岡物産のは、普通に入れても、味もかなりいいし、胃への負担も少ないです。

他のも、結構味はいいのですが、合わないのか胃が...。

スタバやタリーズコーヒーのも美味しいですが、

やはり胃が弱ってるとき薄くしてもらいます。

スタバのは、飲んだ後、ちょっと妙にコーフンあり。

 

ローソンのは美味しいのに、なぜか胃に応えません。豆はコロンビアとあります。

夜中起きていなければならない時には、こんなありがたいものはないです。

これからもずーっと売っててほしいです。

ローソンって、いいものあってもすぐ売らなくなっちゃうから。

 

ローソンって体のこと考えてくれる、素晴らしいコンビニだと思っています。

こいうのあったらいいなぁ、っていうものをつくってくれる。

https://www.lawson.co.jp/company/news/category/natural/index.html

 

体に悪くない揚げ油(これなんて、デパートでもないかも)の唐揚げとか、

オリーブオイルのポテチとか、低糖質のパンとか、

こんにゃくのラーメンサラダとか、添加物なしのケーキとか、

おいしいのに保存料なしとかで、嬉しい限り。

 

これからもずーっとがんばって欲しいです。

 

あすご〜く嬉しいときって、自分はどんな反応するか、

把握しておられますでしょうか?

私はしてなかったです。その為、驚きました。

 

その嬉しいこと(個人的に秘密)を知った瞬間、

私は心の中で、静かに歌を歌い始めていました。

その歌がまた....。

 

「もう幾つ寝ると、お正月ぅ〜♪」。

で歌い終わると勝手に次の曲を歌い始めている、私の無意識。

 

「Happy birthday to you〜、Happy birthday to you〜

Happy birthday dear ○○子ちゃん、

Happy birthday to you〜」

 

この辺りまできて気づいてびっくりしたのですね。

自分がこんな反応してることに。

はは。

 

深く、深く、人の心の中に降りていくと、

インナーチャイルドがいるという考え方がありますが、

もしそれが本当なら、この歌を歌っていたのは

私のその子なのでしょうか。いや〜。

 

とにかく、手放しで嬉しかったことでした。

 

奇跡は起きたのですね。

 

この歌が出て来たときは、まだあと20%位、油断出来ない事があったのですが、

それも全部その後で、乗り越えられた様子。

 

自分のことでないので、状況あまり分かってなかったのですが、

致命的と言われる病名、病状でも希望を捨ててはいけないのですね。

 

近年、毀誉褒貶の激しい部分のある現代医学ですが、

そのすごさ、素晴らしさに、驚き、とてもとても感謝しています。

 

私だけでなく、沢山の人がそう思っていると思います。

 

まだまだこれからも....かもしれないですが、

きっときっと、「もう大丈夫」って、思いたいです。

 

♪You are my sunshine」って、いろいろな人が歌っていますが、

Elizabeth Mitchell(IDAのボーカル)のが、個人的に一番好きです。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする