森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 誰か函館や小樽を守ってほしいです | main | Al...。あの時と同じ? 分岐点って今? >>

小松崎緑ちゃん、めっけ!!!

onpu03今は幻となっている名ユニット、HARD TO FINDのリーダー、

ハンマーダルシマー奏者等の小松崎健氏をパパに、

 

人気ユニットRINKKA(ギターの星直樹氏とのユニット)のフィドラー奏者等の

小松崎操氏をママに持つ、

 

小松崎緑ちゃんが、もうデビューして活躍されているのを、見つけてしまいました。

あやや、嬉しい、可愛い〜。

待ってました!!!というカンジ。

 

クラリネット奏者として、交響楽団に入ったり、他のジャンルでもいろいろご活躍されている

ようです。

この度は、パパと共演!!!!

(小松崎健氏はデレデレでしょうね。操ママもうるうるですね)

 

<ジャック昼下がりダルシマーライブ>

■8/27(日)15:00開演

【出】小松崎健、小松崎緑、佐藤洋一

【所】ジャックインザボックス(札幌市北区北11条西1丁目)

【金】1,500円(別途オーダー)

【問】011-736-7736

 

はっきり言ってこの日は、予定が超キビしいのですが、

そのうち絶対に伺いたいと思っています。

 

アイリッシュユニットのパパとママと違う、ジャンルなのでしょうか?

まあ、自分の好きなユニットの二世が活躍する時代になったからといって、

自分の好みを押しつけるのは良くないので、頭を真っ白にして音楽を聴かせて頂こうと

思っています。

 

チャランゴ奏者、演劇音楽等の福井岳郎氏

ソプラノ歌手の根深夏氏ご夫妻にも、小さなお子様がおられます。

 

サンポーニャ奏者等の岡田浩安氏ヴォーカル等の吉田ユウ子氏ご夫妻にも、

お子様もおられるし、いろいろ楽しみです。2人の血を受け継ぐなんて...。

(音楽しない自由も、お子様方にはあるかとは思いますが、でも.....へへ)

 

 

 

小松崎緑ちゃん記事

http://ninigi.link/member/

 

http://www.rumoiclub.net/shun/201310/img/woodwindensemble.pdf#search=%27%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%B4%8E%E7%B7%91+%E9%9F%B3%E6%A5%BD%27

 

本当に、来れなくなっている間に、こんな風に慶事が増えていますね。

 

ちなみに、私は元々パパやママ達の昔からのファンですので、

パパとママ、叔父叔母(義理の)さん達にもがんばってほしいです。

 

行きたいライブも溜まって溜まっていますが、

まだちょっと難しい状態です。(くすん)

早く、いろいろ行ける生活になりたいです。

 

あ

ちなみに、私は音楽を自分で出来るか?

何んも。

聴くのは大好きなのですが。

学校の音楽の授業も、辛い悲しいことが一杯あったように思います。

懐かしくなるyou tubeを見つけました。(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=dwekerkV8Lw

ちなみに、ミュージシャンになるような方々は、私と違い優等生で

音楽の授業は、楽しい時間だったのだと思います。

 

Docomo_kao19有終の美って、こういうことなのでしょうか。

 

巨大スーパーチェーンのダイエーが営業を終えて、ショックを受けた方も

多々あったかと思います。

不景気の怖さをずーっと感じながら、日本国民は生活してきましたよね。

 

で、ダイエーでやっていたOMCカードという、ダイエーのクレジットカードが

あります。

知人が高齢で、しかもダイエーないのに年会費もかかるので、

解約することにしたそうです。

これまでその知人は、前に別のクレジットカードをもう一枚、解約したことがあって、

その時は、結構、担当者の対応は礼儀正しいながら、ちょっと難しいカンジだったそうなのです。

だからOMCにかける時は、気が重かったそう。

 

で、解約の電話をOMCカードに掛けた時、担当の男性が、快く必要事項を聞いてきて、

最後に「33年間ありがとうございました」と心をこめて、言ってくれたそうです。

「さすがダイエー」だと思ったそうです。

 

 

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする