森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 昔の人の料理の勉強と、クックパッド | main | 小松崎緑ちゃん、めっけ!!! >>

誰か函館や小樽を守ってほしいです

あ

大好きな観光地ってあると思います。

そこは人口が減っていて、困っているという話もよく聞くと思います。

大好きな観光地を守るには、どうしたらいいのでしょうか?

そこに住んで税金を払う人が増えればいいのでしょうか?

街に産業が増えればいいんでしょうか?

 

コールセンターや、工場の誘致っていうのがあるといいのでしょうか。

函館は造船業がなくなってから人口が減ってしまっていますよね。

 

また小樽であれば、札幌市内からJRやバスが一杯出てるので、

ベッドタウンにどうでしょうね。

私の知人に、札幌の都心の大企業でいい給料もらってる人がいましたが、

勤務時間が長いので、食べるしか楽しみないから、と、

小樽にマンションを買って、喜んで暮らしていました。

別に賃貸でいいですから、小樽に住むっていうのが流行するっていうのも

いいですよね。

市場の安い海の幸山の幸だけでも、楽しいですよね。

 

街の魅力を強化して、観光地としてパワーをキープし続けることと、

あと人口を増やしたり、産業を増やしたりするの、

両方がないと、せっかくの素晴らしい街がさびれてしまう。

函館も小樽も、素晴らしい街だもの。

学校を誘致したりとか、研究施設を作ったりとか、いろいろ難しいですよね。

食物産業もこれからもがんばってほしいです。

 

「飲みに行った帰りに、海に行ける」みたいな、広すぎない街の良さは

ベッドタウンや遊びに行く街として魅力ないでしょうか。

(タクシーとかバスでね)

遊びに来てる間、子ども預ける所作ったりとか。

音楽とか映画祭もいいですよね。

 

リラックマVer.2函館や小樽に行ったことある人は、大抵ホメますよね。

レトロでお洒落な町並みに癒やされながら、海の幸山の幸、スイーツで幸せ気分。

 

話によると、昔、関東大震災で仕事を失った、高級店の料理人達が、

函館、金沢、小樽などに散っていき、そこで美味しい料理が根付いたというのが

あるらしいです。

 

函館も小樽も、観光地として大好きです。

海の幸が豊富なだけでなく、洋食も中華料理も、お菓子も飲物も、

その他ののものもとても美味しいです。

工夫があります。素材の良さプラス、料理人のがんばり。

 

小樽も函館もワインもおいしいです。

温暖化現象で天候が変化してきているのか、ワインの産地が変わってきている

らしいですね。

 

好みがあるかとは思いますが、

私が飲むような価格帯で、ちょっと甘い味のする酸化防止剤無添加という、

赤ワインは、函館ワインが一番好きです。

お値段的には、格安ワインより、ちょっぴりだけ高めです。

味の深みが違うの。マジ、大好き。

それまでは白ワインが好きで、いくら体にいいと言われても、

赤ワインはあまり飲みたいと思いませんでした。

 

でも函館ワインの酸化防止剤無添加の赤ワイン飲んだ時の感動。

ネットで見ると同じ感想の人が結構いて、ダース買いしてる話が出てて

びっくりしました。私はコープで小瓶買いです。

 

(毎日飲むとアルコール中毒になりやすいので、休肝日大事です。

 私はストレスたまった時だけ、限度、週に2回以下と決めてます)

 

偶然ですが、私の大好きなワインに「豊浦いちごワイン」があります。

昔から。

小瓶がないのでなかなか手が出ませんが、あれってめちゃウマい。

苺ワインって、最初はどれも似たような味かと思っていたのですが、

「豊浦いちごワイン」は、他の苺ワインと味が違ったのですね。

このワインはてっきり豊浦で作ってるのかと思ったら、

何と函館ワイン製造だったのです。

 

甘い、この2種類のワインしか飲んだことないですが、

函館ワインの杜氏って、もしかしてすごい人かも。

 

https://www.hakodatewine.co.jp/

 

で、白ワインは、前にも書いてますが、

小樽の北海道ワインの「ナイアガラ」が大好きです。

これも格安ワインより、ちょっぴり高めです。

お正月に飲んでます。

 

http://www.hokkaidowine.com/index.html

 

日本のものを飲むと、日本経済が豊かになるっていうし、

地元のものが美味しいって、一番いいことだと思っています。

 

地ビールは運んだらそれだけで味が落ちるというので、

地元が最高ですよね。

小樽ビール、発酵食品でお腹もキレイっていう嬉しいオマケも付いて、

しかもとってもおいしいので、大好きです。

http://otarubeer.com/jp/

あと、小樽にはもう1つ、忘れられない地ビールがありました。

海鱗丸ビール。

あれの製法を持ったまま、製造中止するなんて、

罪深すぎ?って思ってしまいます。

ごめんなさい、諸事情もありますよね。

http://beer-cruise.net/beer/970718.html

 

 

晴れお土産に頂いた、あんこの入ったお菓子に感動しました。

体にいいと知りつつも、私はそんなにあんの入ったものは好まないのですが、

(でも一応、全部食べちゃいます)

千秋庵総本家の「函館散歩」は、ひと味違います。

カステラみたい周りの部分と、餡の両方が、若干軽い味なのですね。

その引き方が、絶妙なのでした。

今は全国的に有名な、六花亭、柳月も、もともとは

千秋庵から独立した職人さんたちが作ったメーカーだそうです。

また食べたいです。

http://www.sensyuansohonke.co.jp/hakodate-sanpo/

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする