森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お久しぶりです | main | 誰か函館や小樽を守ってほしいです >>

昔の人の料理の勉強と、クックパッド

あ昔の人、つまり私たちの頃、一般女性が料理の勉強を独学すると言えば、

料理の本を買って読んで、後は食べ歩きで味を覚えるしかなかったです。

 

そして料理の本には、基礎的なことが書いてあっても、

肝心の味付けの「一番の秘訣、隠し味」が書いてなかったのです。

高い料理専門書を読んでもダメでした。

料理研究家の本がたまに、そういうのチラっと載せてくれてたり

することがあって、感謝されてた位でした。

 

だから昔の一般女性は、料理を勉強しようと思ったら、

基礎的なことを本で学び、後は食べ歩いて、

それから「あれ入れると良いかな?」「これ入ってる?」と

味付けを推理しなければならなかったのです。

料理とは、「Seek&Find」、推理小説みたい部分がありました。

 

しかし、今はクックパッドがある。

光り輝くクックパットのレシピ群。

結構、コツのコツとか隠し味、プロが本に載せなかったものが

載っていたりするのです。

自分の好みの味かどうかは、別として、

料理好きな沢山の一般人が、自分の研究成果を載せてくれている。

だから、きっとクックパットを見たら、昔の一般女性達、つまりお金も沢山使って、

いろいろ試行錯誤して料理を上達させていった昔の女性達は、

がっかりして、やる気を失くしてしまう部分があるかもしれないですね。

初めのうちは。

 

でも、その後で喜びがこみ上げるかもしれないです。

もう苦労しなくても、沢山の人が持ち寄った勉強の成果を

クックパッドからもらえるのです。

その気になれば、何でも楽にすぐに作れるかもしれない。

専門的で高価な料理を作ろうと思わなければ、大抵のものは

クックパッドがあれば、苦労しなくても作れる可能性がある。

自分好みにアレンジすることも出来るし。

こんな嬉しいことはないです。

 

その一方で外食産業は打撃を受けているでしょうか?

昔は外食でないと食べれなかったような味のものが、

クックパッドに作り方出てるから。

プロがやる気なくしてしまう?

 

これは私には分からないことです。

ただ、専業主婦がとても多く、当然のことだった昔と違い、

共働きが激増していますので、外食産業、テイクアウトが減るということも

ないように思います。忙しくてダメな時は、ダメですから。

 

これからも感動のクックパッドにはがんばってほしいです。

今更ながら、超画期的なサイトでした。

最近レシピ動画もありますが、見てる時間あるか?という部分があって、

まだ1回も見たことないです。見たら、それはそれでいいのかも。

 

りんごオーストラリア牛を愛用しています。

元々、そんなに牛肉食べる回数って少なくて、

月に1回〜2回(ハンバーガーとかも含めて)というカンジでしたが、

今は、寝る時間がすごく少ない日が続くときは、食べます。

気のせいか週1回牛を食べると、寝る時間少なくても、持つ気がしています。

(でも頭ウニウニ)

でないと3週間とか続かないもの。

胃が弱い私が、それを食べるのは時には負担がありますが、

起きてなきゃならない時は、仕方ないのです。

思込みでしょうか。

 

オーストリラリア牛は値段が安く、成長ホルモン使ってないらしいし、

和牛の脂サービスしてくれる仏様のようなスーパー、

コープとかスーパーアークス系とかあるので、

それ使って、焼きます。

ヨーグルトや玉葱、に漬けると(赤ワインと一緒に)、柔らかくなるし。

 

そりゃあ、「松阪牛」「米沢牛」(ほとんど食べたことない)、

霜降り牛にはかなわないとは思いますが、

健康にはいいですよね。

それに赤身の肉って、赤身にしかない独特の美味しさが

あるように思います。

 

私が子どもの頃は、牛肉は高くて、めったに食べれませんでした。

それが、チルドビーフという冷凍方式でオーストラリアから、

安い牛肉が入ってきて、家庭でも牛肉を食べやすくなりました。

嬉しかったのを覚えています。

そしてその後、和牛の値段が少し下がりました。

昔、昔の話です。

その後、三十年前位から?、オーストラリアから

それまでより、とても安い牛肉が又大量に入って、デパートやスーパーに

出回ったような気がします。

 

で、ごく最近見つけたのは、オーストラリア牛と張り合う位の

値段の安い和牛があることです。部位は「もも肉」です。

バーゲンの日によっては、オーストラリ牛より安かった。

和牛だけあって、脂肪が少し入っているように見えました。

今度食べ比べてみたいものです。

日本の牛も、オーストラリア牛に対抗してるとしたら、

大変ですよね。

日本がんばれ。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

 

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする