森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 心と体で味わう、南インド家庭料理のお店「カルナータカー」 | main | 世の中の「劣化」って、コワい言葉 >>

ホルモン補充療法は発ガンするというデータが間違いなの?

リラックマVer.2女性の更年期障害対策に、

HRT、ホルモン補充療法っていうのがあります。

若い頃から、私はこの名前を知っていましたが、

それは発ガン性のある、危険なものだと決めつけていました。

週刊誌やテレビでそういうのが一般的だったから。

 

だから私が初めて更年期を自覚した時にかかった公立病院で、

ホルモン補充療法を薦められたとき、内心、絶対にイヤだと思いました。

結局、子宮筋腫があったので、その時はHRT療法は無理ということで

せずに済み、ホッとしました。

 

しかし昨年かかった、街の婦人科クリニックで、

又HRTを薦められたのです。

大きな産婦人科病院の分院のクリニック。

子宮筋腫は小さくなっているので、もう出来ると。

 

え〜?、すっごい迷惑、オラに何するだ?とまで思ったのですが、

よくよく医師の説明を聞くと、HRT療法危険と決めつけられない、と

思い始めました。

 

そもそも世界的に有名になった、HRT療法が危険、という根拠は、

アメリカで発表された「ウィメンズ・ヘルス・イニシアチブ(WHI)」

の長期、大規模研究データにあるそうです。

「ホルモン療法は、乳ガンのリスク・血栓症のリスクがある」と。

 

でもその中を調べてみると、あながち正しいデータかどうか?だそうです。

すごい人数の女性を対象に行われた治験だったらしいですが、

問題点は、ホルモン療法の効能を研究する対象とするべき「健康な更年期の女性」ではなく、

「60歳以上の喫煙者・肥満・高血圧患者」などの心疾患リスクの高い女性に対して行われたこと。

治験に参加してくれる人達は、所得が高くなく、もともと健康に対する意識が低かったということも

あるらしいです。よく分からないですが。

又アメリカはそもそも肉食中心という食生活の違いもあるとのこと。

 

ということで、私はHRTを始めてしまいました。

更年期障害による発汗がおさまってきて、

今は「ああ、昔、最初に薦めて頂いたときに、

できれば良かったのになぁ」とさえ、思っています。

 

しかし、すべては個人差があり、どんな治療法も合う合わないはあり、

人体や医学には未知な要素も沢山あると思います。

だから、私は自分はHRT療法をしても、

他人には責任取れないので薦めたりは出来ないです。

 

あ

私の「クローゼット」には、しまむらとユニクロのお洋服が、

ぎっしり詰まっています。(古くなったのも大分あります。断捨離出来ずに)

こんなに衣装持ちなのは、しまむらとユニクロのお陰だと、日々感謝しています。

 

しかし、最近、この2つのメーカーの評判が前より少し落ちていますよね。

一般的に取りざたされるのは、値段のことばかりですが、

いくら安くても、品質が悪く、耐久性も落ちると、

結局高い買い物になりますよね。

でも値段が高すぎても、買えないのでこの辺りのバランスが

難しいです。

 

ユニクロについて、周囲の人からよく聞くのは、

品質落ちて、「ペラペラ」になり過ぎということ。

世界をマーケットにし始めてから、そうなったという話。

 

自分個人として思うのは、

ユニクロに関しては、昔は本当にオーソドックスなデザインのものばかりを

色違い、微妙な型違いでバリエーション豊富に揃えていた。

生地も良かったし、色もすごく良かった。

昔の、質の良い、ロイヤルブルーや、モスグリーンのキレイな厚地のフリースとか、

今でも勿体なくて、よそ行きに取ってあって、めったに着てないです。

でも今は.......。

同じカットソーでも生地がぺらぺらで、昔のを大事に着て、新しいのを買えないでいます。

 

ま、大不況で値段上げないとなれば、品質落とすしかないのでしょうか。

 

次はしまむらです。

私はしまむらが大好きですが、今のしまむらと昔のしまむらは違います。

私は昔のしまむらの方が好きでした。

 

昔のしまむら観。

年明けて、2月も後半になると札幌の中心街のお洋服屋さんに、

春物の洋服が並び始めます。3月上旬になると、もう春物だらけ。

どれも最新流行の、お値段もそこそこ高いものばかり。

 

でもしまむらは、まだ冬物ばかりがぎっしり。

そして、札幌の中心街のお店より、1ヶ月位遅れて、

しまむらにも春物が並ぶのです。

それは、街の、そこそこ高い洋服屋さんの服とちょっとだけ似た、

しかしお値段安い服。

 

しまむら最高〜、と感謝しながら買い物したものでした。

 

しかし今は、街の中心街の洋服屋さんと同じ時期に、もう春物を

並べているのですね。(何か寂しい)

 

今も、しまむらのチュニック、ワンピースと、靴下、下着、

マフラーとかバックもずーっと買っています。

こんなに安いのに、耐久性もあって、5年位着れるから、

とっても助かるのです。サイズ大きくても、

デザインいいのいろいろあるし。

 

だけど近年は、ユニクロの真似をしてしまっているのですね。

そこの分、もともとの上記のようなしまむらのオリジナル製品の

バリエーションが減った気がします。

ユニクロのは、安いメーカーだから、ユニクロで買った方がいいですよね。

ユニクロの真似をしないで、もともとのしまむらの良さを変えないでほしいと、

個人的には思っています。

 

でも、人の考え方は、それぞれですから。

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする