森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツアーが終わって、夜も更けて。(くすん) | main | ちょっと不思議な話  >>

「電磁波バリバリ」の方に朗報?響きの杜アースシート。

_| ̄|○

「血流は静電気デトックスでよみがえる」西谷雅史著 宝島社

分かりやすい、いい本でした。著者は、やはり医師です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4800259304?tag=takarajimasha-22&linkCode=as1&creative=6339

 

この著者の素晴らしい所は、電磁波の害について本を書くだけでなく、

電磁波によって身体が帯電して起きる静電気による、帯電障害を軽減するものを

作ってくれたことです。

「響きの杜アースシート」、詳しくは後述します。

 

「電磁波バリバリでビョーキ」。

昔、自分のことをそう思っていました。

何かじわじわ弱っていくように思える時が、ありましたので。

 

今の世の中、電磁波のない所っていうのが少ないです。

だからいつも、うっすら体調悪い人多いですよね。

 

コールセンターの架電機器やテレビ局の機器等もすごいらしい。

IH電磁波調理器も、IH炊飯器も、そしてスマホやガラケー、

Wi-hi。

 

視力低下、眼精疲労、ドライアイ、頭痛、肩こり、首、背中、腰痛、

冷え、疲労感、倦怠感、睡眠障害、イライラ、胸が詰まるようなストレス、

いつもすっきりしない。

 

大抵の人の自覚症状ってこれ位だと思いますが、

これが辛いのですね。

いつもうっすら不調感があって、心身共に負荷があるカンジ。

それだけでも「元気」とか「幸せ」っていうのが、薄まる気がしてしまいます。

 

目とか腰とかの症状は眼科行って、整形外科行ったりして、その時は治るのですが、

根本の原因は仕事でもオフでも使うパソコンやスマホとか、台所にあるので、

何度も繰り返します。

そしてやはり得体の知れない疲労感が、ずっと続いたりします。

この他に体内ではもっと怖い状況が進んでいく場合もあるらしいです。

(この本に書いてあるような)

 

辛いのは、どんなに身体に悪いと言われていても、

使わなければ生活できない人が多いこと。

電磁波の害について書いた本は、何冊か読んだことがありますが、

その害は、上記のこと以外はガンになるということが主に書かれていたように思います。

 

しかし実際はそれだけではなく、ガン以外にもいやな状況が体内で進行しているということが

文頭の本に書かれていました。

 

がちゃぴん実は、この先生、たまたま私の婦人科の主治医なんです。

とある病気で、大病院から紹介されてかかり、その後は漢方ずっともらってたり等、

いろいろお世話になっております。

 

このクリニックは、はっきり言って人に教えたくない。

まず建物の心地よいこと、癒やされること。

2階で、特殊な岩盤浴や気功やヨガの教室等もあるので、

診察なくても来てゆっくりしてるような方も結構おられるよう。

無料の、癒やされるお茶なんかも出してくれてます。

 

初めて行った時の感想は、「このクリニック、金かかってるなぁ」ということでした。

インテリアも素晴らしいし、クリニック内は患者さんが癒やされて、安らげるような工夫が

随所になされています。

はっきり言って、私以外の患者さんは、服装とか車とか、何かお金持ちそうな人が多いです。

場所が札幌の高級住宅街の一つである、円山ですしね。

待合スペースでは、「ペットの犬が糖尿になって、治療に今、200万円かかっているの」、

何て会話が聞こえてきたりして、びっくりします。

 

本州にはこういう所、ちらほらあるらしいですね。

 

ちなみに、1階のクリニックは保険診療が主で、別に診察代を高く取られる訳ではないので

私でも大丈夫。

むしろ良心的な、素晴らしい婦人科クリニックです。

 

2階に上がると、それなりにお金かかりますが、イベントをしょっちゅうやっていて、楽しそうです。

自然派化粧品等販売コーナーや、講演会、中国の気功師が何人も来たり、

新聞にも載った、恒例の座禅断食会もあります。

いずれもドクターメニュー。

いつ見ても、子どもから、高齢者まで幅広い女性達が来ていますね。

男性の方も、2階には時に来られているようです。音楽ライブやダンスパフォーマンスもあります。

 

響きの杜には自分の身体の帯電がどの位のものかを、測定する器械があります。

そして、診察室の患者用椅子の下の床には深緑のシートが敷いてあります。

これが、人気の「響きの杜アースシート」です。

この上に足を乗せると、体内に帯電した余分な電気を除去してくれるようになっています。

 

このクリニックには、実物が置いてあって、誰でも試すことが出来るので、

試してみて下さい。数字で効果が目に見えます。

http://hibikinomori.org/shouhin/category1/entry15.html

 

※しかしこのアースシートは、体内の余分な電気を除去するという

目的で作られただけのものです。帯電障害によって二次的にもたらされた

さまざまな疾病の症状を直接治療する機械ではありません。

ただ、余分な電気が除去されることによって、身体の負担が軽減され、

それによって、良い結果がもたらされるという例がいろいろあったようです。

しかししつこいようですが、余分な電気を除去するための装置ですので、

当然、帯電障害がもたらした病気が治癒するとか、そいう保証はなにもないです。

又効果には個人差もあります。

だからクリニック2階で実際にお試ししてから、希望あれば購入するのが望ましいかと

思います。

 

誤解なきように具体的に書きますと、これは眼科や整形外科等の疾患の治療器ではないです。

例えばパソコンによる眼精疲労、腰痛、肩こり等が治るという訳ではないです。

パソコンやスマホのモニターを長時間続けて見ていると、視力低下、眼精疲労になる

可能性が高いです。又同一姿勢でずーっと座っていたりすると、椎間板ヘルニア等の

整形外科疾患にかかる可能性が高まります。

これらは、それぞれ専門科病院にかかることをおすすめいたします。

そして、自分でもPC用眼鏡を作るとか、パソコンの連続使用を避けて、

合間に休み時間を設けるとか、体操したり、なるべく徒歩で歩いたりして

努力して症状を軽減していくしかないです。

 

ただ「血流は静電気デトックスでよみがえる」という本にあるように、

良い結果が出た例がいろいろあるということです。

目の乾きが治ったとか、得体の知れない疲労感や、冷え症、痛み、不眠が治ったとか、

購入者に感謝されているようです。

出版が今年の9/9らしいので、まだ書評とかはあまり出てない

ようですが、それでもすでに反響ありました。

 

http://kids-dream.org/health/2016/09/14/1190/

 

電磁波に長い時間さらされた後の、不自然なバリバリ感が、

このシートに乗ると、どっかスッと抜ける感じがして私はこのシートが好きです。

 

シーツの下に敷いて、気持ち良く眠られる方もおられるようです。

 

このクリニックでは、確か静電気による帯電障害の相談も受け付けいたので、

希望ある方は、以下にお問い合わせ下さい。(今、やってるのかな?)

 

響きの杜クリニック

http://homepage2.nifty.com/holotropic-sapporo/hibiki/index.html

 

響きの杜アースシートの問い合わせ先は以下のようです。

http://hibikinomori.org/shouhin/category10/

 

リラックマVer.2ピュアシリーズのお菓子とか、店内の揚げ物の油の質等で、

 

健康に配慮してくれることがあるコンビニ、ローソンから、

糖質カットのパンやお菓子が発売されています。

ブランシリーズ。

しかも美味しいので、嬉しいです。

 

痩せるためというより、糖尿病予防になるように、血糖値対策という

カンジもします。

 

糖尿病の恐ろしさは筆舌に尽くしがたいです。

名前で甘くみていると、酷い目にあいます。

あれは、手遅れになる前まで自覚症状に乏しい病気ですので、

自分の食生活に疑問がある人は、早めに内科のある病院にかかった方がいいです。

手遅れになる前に検査してもらわないと、ダメです。

そこで生活指導もしてもらわないと。

 

お菓子食べなくても、お酒飲む人は、糖尿なりやすいらしいです。

何を食べたからなるということはなく、野菜だけでも食べ過ぎたら血糖値は上がるそうです。

何とストレスでも血糖値が上がることがあるそう。

 

ローソン

 

http://conveni1042.com/lawson/

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする