森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シタール奏者 井上憲司氏 名誉あるインド公演 2016 | main | あの方たちは、何処へ? >>

2016 kenji inoue 渡印

にじシタール奏者の井上憲司氏が、今年も渡印しました。

井上氏は、インドの人みたいな消化器を持っているのか、
又激辛(コワい)生活を送っているようです。
http://kenji-s-diary.blogspot.jp/2016/02/blog-post_26.html

3月1日には、34年ぶりにインドのバラナシを訪れて演奏をします。
名誉ですね。
バラナシは井上氏が初めてインド旅行をした時に訪れた街だそうです。
その旅行で井上氏はシタールという楽器と出会っています。

(月日は流れ、インドの新聞各紙に「Kenji inoueはインドの著名なシタール奏者と
引けを取らないまでになった」と書いて頂けるようになるまでの、
血と汗の涙の精進の毎日は割愛)

早朝と、夜のRaga。
どんな演奏会になるか、聴くことが出来ないのが残念です。

こんな日本人がいるっていうことは嬉しいですよね。
そしてインド古典音楽の素晴らしさ、
インドの素晴らしさを井上氏を通して知ることが出来たことは、
とても幸いでした。

恒例の井上氏の「渡印日記」が始まっています。
何気ない毎日の生活のブログですが、
そこからインドの良さがにじみ出るように、伝わって来ますね。
井上氏のさり気ない、インドとインド古典音楽への感謝でもあるなぁ、と。

2015年12月には安倍総理もインドを訪問しています

これからも、インドと日本をつなぐココロの接点の一つとして、
井上憲司氏の今後の音楽活動が期待されています。

井上氏のインド滞在中の無事と、安全、そしてご活躍を祈りつつ、
楽しく渡印日記を読ませて頂いています。

井上憲司氏 左か奈屋ブログ
http://kenjiinoue.com/#blog

井上憲司氏 特集記事
http://blog.morino-kyu.com/?cid=42236

きらきらはっきり言って、人に教えたくないようなおいしい調理パンを
食べてしまいました。
とゆっても、人に教えて頂いたものなので、ココロの狭さを抑えつつ、
自分もお店の繁栄を祈りたいものです。

札幌京王プラザホテルのベーカリーです。
.魯爛繊璽坤屮譽奪
(食べて、びっくり。
見た目は大して変わったパンに見えないのです。
角食みたいな形の中型の長方形の柔らかいパン。
でも、中にはハムがぎっしり詰まっているのです。
これって、赤字出てません?)

⇒箸欧討い覆ぅ團蹈轡
(油で揚げていない、焼いたピロシキです。)
ヘルシーで嬉しい。

ホテルのベーカリーはちょびっと、敷居が高いですが、このパンには驚きました。
パンの専門店と違い、1日に作る数も少ないので、前日に予約とかしとくと
いいのかもしれないですね。

ここのランチビュッフェっていうのも、サイコーだと思います。

京王プラザホテル 札幌 ペストリーブティック ポピンズ
https://www.keioplaza-sapporo.co.jp/restaurant_and_bar/poppins/

工場できたての、「おかめ屋」の角食もめちゃウマです。
何にもつけないで、どんどん食べ進んでしまいます。
これも人に教えて頂きました。今年。
車ない人は買いに行けないかも。
(ワタシはいつも、もらって食べています)

10kg太ってしまった原因の一つは、パンです。
いろんな所でパンを買って、夜中に食べました。
なぜかパンが食べたくてしょうがなかった。
北欧パンだけでなく、いろいろなパンを味見して歩きました。

なのに家のホームベーカリーは埃を被ったままだった。

ドミニックジュラン(ドンクのパン)もウマいです。
カリカリチーズとか、柔らかいコーンスティックのパン。

他にもおいしいパン屋さんが沢山ありました。
でも、しばらくはダイエットしないと.....。

森の休日社
http://www.morino-kyu.com/index.html










 
- | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする