森の休日社 編集Aの日記(C)

インデイーズ専門電子出版社(C)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

井上憲司氏&黒田真介氏インド古典音楽 2019/06/08

2019年6月8日シタール奏者井上憲司氏と

タブラ奏者黒田真介氏のインド古典音楽コンサートが行われました。

 

飯塚優子氏主催の素敵なレッドベリースタジオ会場。

 

夕刻、演奏が始まると、いつしか私は井上氏の大病のことを

忘れてしまっていました。

体重が増え、超かすれていた声も大分戻っているということもありますが、

音色の力強さのせいでしょうか。

 

これまでも時々、演奏の中で出てくるときがある音色。

これは井上憲司氏独特の個性に思える、

強い、渋めの、寺院の荘厳さを思わせるような響き。

音が大きくゆらぎながら、でもゆるぎない。(インド古典音楽大好き)

こういう響きの瞬間って、

インド古典音楽がスピリッチャルと言われる理由の1つでしょうか。

 

井上氏のすごい所は、病み上がりで体力落ちていても、

それにあった種類の演奏、ラーガをつくって、

ハンディをハンディでなくしてくれていた所でした。

違う良さで、その度に嬉しい驚きがあったものでした。

本当にそれぞれが良かったです。

 

でも今回は「あ、復活、完璧〜」と思わされてしまいました。

演奏が素晴らしかったもの。

はっきり言って、私は途中で立ち上がって拍手喝采したかった。

スタンディングオペレーションっていうの?

 

その日、私は何か疲れが溜まっていて、

会場に入ってイスに座った時も、

「よっこらしょ」っていう感じだったのですが、

拍手の時、立ち上がりたくなって、足がむずむずしてしまいました。

 

タブラ奏者の黒田氏も、シタールの独奏部分が終わった頃に、

舞台の上で拍手するような動作がありました。

少年のように、満面無邪気な笑顔一杯で(可愛い)。

 

一曲目

Raga Purubi

日没のラーガ。

日没前、気温は次第に下がっていき、

昼間の活動を終えて休息を取るための時間が近づいています。

安らぎとか、癒やし。

でもだからといって、自然のエネルギー自体は低下してないのかもしれないと思いました。

入れ替わりの時間、

夕日が落ち、ドラマチックな日没の後は、夜行性の動植物達の時間。

惑星が動いただけ。

密やかだと感じても、夜の空気を、弱いと思ったことはないですから。

 

2曲目

Raga Mishra Kafi

 

今回のはタブラが早くから入る即興で、甘い感じ。

甘美っていうの?

こういうのも珍しいなぁ、と思いました。

 

井上憲司氏と黒田真介氏の組み合わせ。

正直言って、一般客席的にはやっと合ってきたなぁ、というのが

本音。

 

センスいいながら、シタールと合うと合わないのギリギリラインで

ハラハラさせられるというのが前回までの印象でしたが、

 

今回は「この2人合ってきた」と思えて、

余計な心配なく、1つのRagaというものの中で、音楽に没頭出来ました。

 

今回の若い黒田氏のタブラは、シタールと合っていて、

それでいて個性的、スパイシーなパフォーマンスを含めて

センスの良い、将来性を大きく感じるタブラ演奏でした。

 

年季の入った、他のタブラ奏者の方々と演奏するときとやや違い、

井上氏は、ちょびっと父性愛モード?というような眼差しでした。

(客席の勝手な印象)

 

黒田真介

http://jake.cocolog-nifty.com/weblog/2014/08/post-ec03.htm

 

井上憲司氏サイト

http://kenjiinoue.com/

 

井上憲司氏ブログ

http://kenjiinoue.com/#blog

 

井上憲司氏特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42236

 

あ

「しじみ醤油」っていうと、

多少は生臭い?という

イメージがあるのですが、

まったく魚介くさくないのです。

 

それでいて出汁味わい深く、塩分濃度も少なく、

豆腐にかけて食べると、疲れが取れるような気さえしました。

 

マジ、常備調味料にしたい、安らぐ美味しさ。

http://shi-ji-mi.com/cart/shijimishoyunou

 

北海道大空町網走湖(女満別湖畔)で獲れたしじみです。

 

北海道は海の幸山の幸豊かです。

面積も広いので、北海道各地、美味しいものも多様です。

それをいろいろ楽しみたい。

 

札幌駅西口構内の「北海道どさんこ観光プラザ」は、

札幌ご当地のおいしい特産物が2000点以上も販売されています。

観光客だけでなく、地元の人にもここのファンが沢山います。

あれも、これも欲しくなって困ります。

隣には、イートインコーナーもあります。

http://www.dousanhin.com/shop/sapporo_jr/

 

北海道のご当地特産物を、シェフが美味しく料理して

食べさせてくれる所があります。

グルメな人達だけでなく、料理好きの主婦にも大人気。

 

ホテルオークラ札幌は、北海道各地を月ごとにテーマに

取り上げて、例えば「十勝」「上川」「留萌」フェアの

イベントをしてくれます。

 

各地のご当地農産物海産物等の素材を、ご当地風にシェフがアレンジ。

中華和食フレンチ、の各レストラン、

ラウンジ(カフェみたいな)のケーキ等、バーで、

月替わりのフェア等があります。

 

これって、食べる方としては楽しいのですが、提供する側としては

とても大変だと思います。

たゆまぬ努力。それでいて奇抜な変わったアイデア料理っていうのではなく、

あくまでオーソドックスな格調のあるオークラの中華、和食、フレンチなのです。

 

ホテルオークラ札幌は、正直自分だけで行く時は、

敷居が高いですが、

高齢者と一緒に行く時は、本当に感謝する場所です。

 

クッション入れてくれたり、高齢者が食べれない食材聞いてくれたり、

スタッフが思いやりあって、優しい。

エレベーターもあるし、トイレも広くて、パウダリールームもついていて、

足や腰にトラブルをかかえた高齢者を苦しめないで食事できる。

それに出不精で、本当は傷つきやすい高齢者に、丁重で優しい言葉をかけてくれる。

 

ランチは居酒屋行く位の値段でコース食べれるし、もっと手軽なランチセットもあり。

希望すれば味濃くしてくれるかもしれないですが、営利主義的居酒屋みたいな体に悪い

塩っぱい料理もないです。品良くヘルシー、それでいて美味しい。

 

しかも、オークラのグルメクラブに入ると、お店に申し訳ない程お得感があります。

 

東京のホテルオークラは、外国の大統領が泊まるので有名です。

過去には東京のホテルオークラでは、インドの最高のシェフを招いて

印度料理フェアをしたことがあります。

世界中にホテルオークラがありますので、国際意識も自ずと高いのでしょうか。

 

今度札幌のホテルオークラでも、ハワイアンフェア、

ハワイのディナーショーというのがあるらしいですが、

インドフェアもぜひ期待してしまいます。東京でもいいですよね。

インドのディナーショーか、ランチショー。

その時は、インドのシェフでなくても、日本のシェフのインド料理も

興味深いですよね。

これまでも日本の中華料理やイタリア料理は、

日本の風土に合わせた解釈で作られていて、

それがまたとても美味しいと思えるから。

 

そもそも文化、音楽も服飾も料理も国境越えて融合していくと

言われていますね。

 

インド大使やパキスタン大使も親しく言葉をかけて下さる、

インドの新聞各紙が「インドの著名なシタール奏者と

ひけを取らない」と書いて下さったシタール奏者の井上憲司氏、

そしてインド舞踊のダンサー達。

(日本のインド舞踊のダンサーも沢山おられるようですし)

そこに、

インド雑貨店にあるような(あれも魅力的で素敵で、私も持ってますが)

のとは、一線を画す、驚く程洗練された織物、インドタフタ等の販売会もあると

最高〜、です。

あと、国内では手に入らない、驚く程鮮烈で美味しいインドの摘み立て紅茶も

デザートに。

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

マウスピースありがとうぅぅ〜!!!

あ

歯科のマウスピースを使っている方は多いと思います。

一方で、あまり知らない方もいるかも?

 

顎関節症の人が使うというイメージが一般的ですが、

その他にもいいことが沢山あります。

 

25年位前、歯科のマウスピースの評判は悪いものだったように

思います。

顎関節症でマウスピースをずーっと入れてたけど、

治らなかったとか、

あちこちから聞きました。

 

それで私の個人的なイメージも良いものではなかったです。

だから私は歯科でこれを勧められたときも、

正直言って、乗り気でなかったです。

 

本当のことを言うと、20年以上お世話になってきた、

私の歯を守ってくれた、子供の頃は歯科恐怖症だった私の

歯科恐怖症を治してくれた、この先生に対する恩返し、

「いつもありがとうございます。義理で1つ作ってもいいよ」

っていうものだったのです。

 

それにインプラントとか、そういうリスクのある

(やむを得ない場合の方はしかたないですが)

個人的に絶対的にしたくないというものではなく、

自分の歯を損なうことなく、付け加えるだけのものだったから。

嫌なら使わなければいいですから。

 

(最新医療というのでしたら私は、再び歯が又生えてくる、

IPS細胞が安全になるのを待っています。ずっと)

 

で、今では私はこのマウスピースが手放せません。

 

顎関節症も、ずーっとつけていると

昔と違って、治ってしまうのですが、

それだけではないのです。

 

真面目に歯を磨いているのに、

歯のトラブルが起きるということがあります。

 

年取ると歯茎から歯が抜け落ちてきてしまう

というような不幸に見舞われる場合が増えますが、

歯に違和感があって、何か抜けそうに思えるときに、

マウスピースをして寝ると、治ったりします。

 

あと毎日歯を磨いているのに、歯が痛くなることがあります。

そういうとき、マウスピースをして寝ると、

歯痛が治まっていることがあります。

 

首筋を変にしたときに、マウスピースをしたら、

気のせいか治りが早かったということもありました。

 

昔作った時も、1万円かからなかった気がします。

出来上がっても、時々マウスピースを調整してもらわなければ

なりませんが、それは特にそんなにお金かからなかったと思います。

 

今では家宝です。

 

ちなみに、

私は別にこの歯科の先生と歯科診療以外に話をしたことはなく

いつもマスクをしているので顔もあまり見たことないのですが、

診療受ける度に、感謝で一杯になります。

 

「80才でも20本以上自分の歯を残そう」という

日本歯科医師会の8020運動の賛同者である私の希望に添う治療を

本当に良心的に、素晴らしい技術で行って下さっています。

先生がこれからも無病息災で、元気で長生きして、

いつまでもご活躍されることを祈っています。

(今年で通院26年目)

 

皆さんも、そいういう行きつけの歯科に出会っていることを

祈ります。

どんな歯科がいいかとか、どんな診療がいいのかとか、

そういうことは分からないです。

ただ、転倒、事故等の災難もありましたが、

この年まで自分の歯が多いということが

どんなに嬉しいことか。

(大通日の出ビルの上の、昔からある巨大な歯科病院です。

先生だけでもすごい人数います。

 

私の知人や職場の人達も、それぞれの歯の悩みで、

ここの「それぞれの先生」にかかっていて、行きつけていました)

 

ちなみにここは歯科衛生士の方の指導もめちゃいいです。

歴代の歯科衛生士の方々にも感謝です。

 

ここでは歯ブラシを作っていますが、

それがまたいいの。一本300円です。

歯茎の調子悪い時、この歯ブラシの古いのを捨てて、

新しいのにすると、治ることがありますから。

 

そして、マウスピースを絶賛してしまった私ですが、

個人差があるので何があるか分かりません。

保証は出来ないですので、ごめんなさい。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

水道施設老朽化、水道局民営化の救世主は誰?

あ

老朽化した水道局設備を新しくするお金を、

どこから調達するか?

ということです。

 

このビンボーな国、日本のどこかに

お金が余っている所がないか?

 

水道局が民営化するかもしれない、という噂が。

ネットで「これはヒドい結果になる〜、大変だ〜」という

反対意見がいろいろ出ています。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865

 

政府が水道局を民営化しようとする理由の1つは、

水道局の設備がどこも老朽化していて、

それを新しくする資金がないかららしいです。

 

もし日本の民間企業が「国家の命である水」を握ったら、

日本国民の足元を見て、水を高くして、莫大な利益を上げようと

することが予想されます。

一社が握らなくても、みんなで談合されて安くしないようにもできる。

しかも衛生管理の手抜きが予想されますよね。

公務員にしてあげた人達以外の水道スタッフを信用できます?

 

又前にも載せましたが、最初は日本の民間会社が水道局をしても、

いずれ資金がなくなったら、中国や台湾に乗っ取られる可能性が高いです。

そうでなくも、中国は日本の水のきれいな土地を爆買いしてきましたから。

シャープや、東芝、NEC日本の誇る最新技術が向こうに買われていったことは、

記憶に新しいと思います。

 

日本の場合、最新技術は経済復興の可能性ですが、

「水」を取られたら、日本という国を買われたのに等しくなると思います。

兵法の兵糧攻めは、敵の水と食糧供給を絶って、敵を降参させるものらしいですから。

日本はどこかの植民地になってしまいそう。

 

で、

 

/綟散匹鯡唄峅饉劼貿磴錣譴襪里魯螢好が高すぎるから、

ではお金だけ寄付してくれる、英雄のような民間会社を

募ってみるのは?

球団作る位のお金持ち会社ならどうでしょう?

 

まあ、差し引きの問題があるかとは思いますが、

水道局に寄付する場合に限って、税法上の特典を一杯付けて、

何とかお金持ちの民間から水道局設備新築のための、資金を

募るっていうのは、どうでしょうか?

 

税法上の特典だけでなく、その時だけ何かが有利になるとか、

誰か頭のいい人考えて下さい。

 

△茲年度末に近づくと、又は雪が降って道路工事が出来なくなる

直前、どうしてか同じようなエリアの道路を何回も掘り返して工事しているという

話を、車の運転する方からよく聞くことがあります。

どう見ても、必要あって工事してるように見えない。

 

公務員は予算を使い切るのに、年度末は宴会の連続という話も。

 

で、そういうのは清濁併せのむ必要があるのかどうか

私レベルでは理解出来ないのですが、

その余った予算をその時だけ、目をつぶるから水道局に回して

くれないでしょうか?

 

来年度から予算を減らされるから嫌だというのであれば、

「必要経費を削って、一定期間だけ水道局のために

お金を余しました。」

「ずーっとそのままだと困るけど、一年ないし二年とかの期間なら

がんばって水道のために努力しました」

 

っていって、寄付するっていうのは?

 

A換颪琉貳鵡駝韻らも、募金を募る。

塵も積もれば山となる。

 

い△函一般国民の中の大金持ちに、

何か税法上か何かの特典を付けて、

寄付を募る。

 

以上のお金は、すべてどこにどう使ったかを公開して、

別の部署に横領されないようにする。

 

だって、大事な国家の水がかかっているんだから。

 

求む日本国民の救世主!!!!!

 

★ちなみに、中国、台湾、韓国、日本。

アジアの国同士はあまり、仲の良いという訳ではないという印象が

あります。

国籍感を超えて、インターナショナル感覚のアジア諸国の

ツーリスト同士とかは別にして、

「中国や韓国の人たちに、日本人は好かれていない」と、

日本人の多くが思っています。

第二次世界大戦等の昔の戦争の頃のことについても因縁がある。

我々の先祖が犯した罪があるのですから、仕方ないかもしれないです。

日本側がどう償ったのか、また過去に支払った日本の賠償金を相手国がどう使ったのかも

私が生まれる前のことだったのでわからない。

 

また中国のチベット等の国に対すること、韓国のベトナム等へのこと等

を聞くと、コワい話が世界中の報道から聞こえてくる。

アジアでないですが、

慰安婦問題1つ取っても、

アメリカがイランイラク戦争の時に、東欧の女性をだまして慰安婦にして

戦地に送り込んだ話をイギリスの放送局が番組にしていましたし。

 

絶対許せないことばかりですが、戦争って結局そういうものを

生み出していくのでしょうか。

戦争は絶対に反対です。誰が儲かるのか分からないですが、

絶対に戦争は許せないです。

 

(だからと言って、丸腰ではすぐ占領されますよね。

軍備ないと、足元見られて、

「ホルムズ海峡タンカ−攻撃?ミサイル等の威嚇・試し打ち」対象に

日本はされるのでしょうか?

たかが「丸腰の国日本」っていうカンジ?

スイスのようにちゃんと守りがないと)

 

話がずれていきましたが、1つだけ言えることは、

アジアの国同士が仲悪いと、

それだけ、世界の他のエリアの国にとっては

アジアへの脅威が少ないということだと思います。

 

ヨーロッパみたくアジアの国同士が仲いいと、

それだけで世界のアジア以外のエリアの国にとっては脅威です。

 

アジア同士が常に仲悪くいることは、世界の他のエリアの国には

大いにプラスする可能性がありますね。

 

個人的には日本国民は、中華料理、気功、漢方も

中国映画も大好き、

韓国ドラマ大好き。特に時代劇最高〜!!

韓国の音楽スターも焼き肉も、日本の老若男女問わず

に愛されています。

台湾大好きで雑誌に何十回特集号出たやら。

憧れの台湾屋台料理、死ぬまでに1回は食べてみたい。

(上野にあるという話し)

 

同じアジアですが、どの国もそれぞれに良さがあって、

欠点もあるかもしれないですが、

それぞれの国の良い個性があるところが、

またいいのだと思います。

(ヨーロッパみたいに)

 

政治体制とか違うと、難しいかもしれないです。

政治とか宗教って、私にはよく分からないです。

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

札幌追加ライブ:井上憲司氏&山本勇竹氏

シタールと津軽三味線のコラボ、

人気の「饗宴」、今回のツアーで札幌の追加ライブが急に決まったようです。

http://kenji-s-diary.blogspot.com/2019/05/64.html

 

令和元年6月4日19:30開演

シタール 井上憲司氏

津軽三味線 山本勇竹氏

 

場所:家庭料理居酒屋 まる

北海道札幌市北区麻生町5-1-13 NYパレス 1F

電話 011-709-0600

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1044053/

 

お誘いあわせの上、お腹も空かせて、お越し下さい。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

2019年春 追加コンサート:シタール奏者井上憲司氏 

インド古典音楽等の井上憲司氏の2019年春の来道、

追加コンサートのスケジュールが出ました。

 

嬉しいです。

またこの春を迎えられる喜び、現代医学の力、

その他井上氏を支えて下さる、沢山の方々の力の凄さに

びっくりです。

 

体力的にキツくなってきたら、

その時は無理せず、人生を長い目で見て養生してほしいと思いますが、

その辺りはご本人と主催者の方々のご判断ですよね。

 

正直、奇跡を起こして、大病をかなり克服しつつある井上憲司氏ですが、

井上氏の病気は、食事療法を強いられるものであるらしいです。

 

昔のように、「酒を飲み、揚げ物やチップスを全部頂く」みたいな、打ち上げを

していると、また病院に逆戻りになってしまうのでは?

余計なお世話ですが、スケジュールのキツい時は、

次の公演の為にも、ヘルシーな食事療法がんばってほしいと思っています。

 

私、昔、「前日の公演の打ち上げで、翌日演奏者が二日酔い」っていうコンサートに

行ったことありますから。(はは)

 

でも、客席はいい音楽を聴いた後は、大いに盛り上がって、

井上さんに見せびらかしつつ、楽しくお酒や食事を大いに楽しんで

もらいたいです。

その方が、井上氏も主催者の方も嬉しいと思いますので、

遠慮なく、盛り上がってほしいですよね。

かけがえのない、ファンの方々との交流。

 

客席も次の日は、仕事や勉強がありますから、

盛り上がって、

明日へのエネルギーを貯め、ストレスも解消!!ですね。

 

北インド古典音楽

日時:2019-05-18(土)

17:30open 18:00start

黒田真介/Tabla、井上憲司/Sitar

¥3,000

Kinotone円山

札幌市中央区大通西28丁目3-30

TEL 011-839-2451

予約:090-9188-5596 Kanabe Abe

 

津軽三味線とシタールの響宴

日時:2019-06-03(月)

20:00start

山本竹勇/津軽三味線  井上憲司/Sitar

前売¥2,500 当日¥3,000(drink別)お泊まりコース¥10,000 

LIVE・打ち上げ飲み放題・宿泊朝食付(男女別相部屋)

しろくまカフェ

北海道虻田郡ニセコ町字里見82-4

TEL 0136-44-3368

 

津軽三味線とシタールの響宴

日時:2019-06-05(水)

18:00open18:30start

山本竹勇/津軽三味線 井上憲司/Sitar

¥1,000

 

安田侃さんの彫刻や打上花火との「響宴」をお楽しみください。

20:00〜花火打ち上げ

アルテピアッツァ美唄アートホール

北海道美唄市落合町栄町

TEL 0126-63-3137

問い合わせ:アルテピアッツァ美唄夕暮れライブ「響宴」実行委員会

      TEL090-2819-7950(株)雪屋媚山商店 本間

                                                                                                      あ

さよなら「スガイビル」

 

すすきのの近くの、「須貝ビル」が、閉館します。

30年近く前から、私はこのビルに時々、通うようになりました。

「映画館」「ボーリング場」「カラオケボックス」。

 

昔はレンタルビデオとかなくて、

映画は映画館で見ました。

だから映画とは、今より切なく、尊いものでもありました。

映画館とは、その街の文化でした。

大型スクリーンで、集中して映画を見るためだけの場所と時間。

だから家で観るより、映画のパワーがより染み込んで来るカンジですね。

 

高校生の頃は、古いイタリア映画特集があって、それが「スガイ」デビューでした。

 

それから、アニメブームの「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ。

シリーズ2、「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、スガイの大型劇場、連日びっしりの客席でした。

大スクリーンはプラネタリュウムさながらに、宇宙空間を映し出し、

観客全員がヤマトの乗り組員になっていたような気がしました。

デスラー総統や、沖田艦長、森雪、

そして古代君(ぐしっ)。

 

(ああ、今や地球環境はあの映画に近づいていくのか...)

 

映画館の支配人は、キャラも含めて有名な横田昌樹氏。

良い映画一杯見せて頂きました。

http://kitanoeizou.net/blog/?p=2272

 

最近、職場の先輩にも聞いてみましたが、

やはり「デート」の時、ほぼ必ず1回は「スガイ」に行ったという

人がほとんどではないでしょうか。

職場の飲み会の、ボーリング大会とか、カラオケ2次会もありですね。

歴代の彼氏、歴代の友達、転職する度に職場で...という話も

聞こえてきました。

 

そんなお世話になったスガイビルが閉館なんて、本当に淋しいです。

またどこかに場所を探しておられるということですので、

ぜひ新しい所でまたがんばってほしいと思っています。

https://www.sugai-dinos.jp/cinema/sapporo/

 

ジョブホールが閉館し、スガイが閉館する。

残るはシアターキノ。

ああ、エルフィンランド、旧館からお世話になっておりました、

素敵な中島支配人兄妹様、どうか後継者を見つけて、

せめてキノだけは消えないでほしいと願って止みません。

 

https://www.theaterkino.net/ttB.html

 

ああ、学生時代の気持ちに戻って、あの頃みたいに

映画みたり、音楽きいたり、本読んだり、

人と付き合ったりしたいです。

 

何でも分かったような気になって、

生活、つまり仕事と家庭以外は

後回しにしているような気がします。

睡眠とストレス解消優先になって。

 

生活に追われる毎日ですが、

そういう気持ちだけでも、なくしたくないと

思っています。

今は。

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

 

- | permalink | comments(0) | - | - | -

ー茲蠧れたい!!世界のいじめ対策!!!&井上憲司氏Ragaレクチャー

リラックマVer.2

朝の情報番組「スッキリ」で、いじめ対策特集を見ました。

唸りましたね。ツボを突いているっていうか..素晴らしかったです。

あんまり良かったので、紹介してしまいました。

 

ツボは、日本の学校のいじめ対策が難しい理由、と

世界のいじめ対策でした。

 

まず日本の学校でのいじめは、先生の弱みに関連して対策を

取りにくくなっているらしいです。

学校の教師が自分の教室で「いじめ」が発覚すると、

明文化された規定はないが、不文律的に、

教師の評価を学校側が下げるらしいです。

そういう空気がどうしても残っているそうです。

 

いじめ=教師、学校の責任となってしまうので、

そうなると。

先生も雇い主の学校側や父兄や、強い系の生徒達に突き上げくって、

いじめられていますからね。

先生のストレスや圧迫も軽減しないと、教師が自分の身を守るので

精一杯っていう状況にしたら、いじめ対策もいい教育も無理ですよね。

精神神経を病む教師がもの凄く多いっていうのは、

日本国家が根底から病んでいくっていうことにつながっていきそう。

 

で、昔の、いじめの程度が今ほどヒドくなかった時代でも、

いじめは大なり小なりありました。

だからいじめはあって当然ということにして、

逆に「よくぞ、いじめを見つけ出した」ということで、

まず第一段階で、教師に高いポイントをあげるということに

したらどうでしょう。

 

「スッキリ」によると、ねつ造・ぬれ衣もコワいですが、

日本の学校はいじめの「事実確認」というのをしている間に、

手遅れになってしまうということが多いらしいです。

 

「スッキリ」では、だからいじめ発覚で教師の評価を学校が

下げないことと、学校の中で部外者的に、子供達を見守る

補助員を置くことを提案していました。

どっちも素晴らしいですね。

 

あと、世界のいじめ対策も素晴らしかったです。

これももっと別番組で長時間特集をゴールデンタイムに放映してほしい

と思いました。

 

イギリスでは、本人だけでなく、いじめた子の親にも、講習を受けさせ、受講を拒否した

場合は、15万円の罰金を取るそうです。

 

フランスでは、いじめた子の両親を怒るのではなく、いじめた子に

カウンセリングを受けてもらい、その結果を両親にフィードバックし、

どうすればいいかもアドバイスして、良い結果を得ているそうです。

 

韓国では、いじめた子は、内申書にその事実を書き、進学就職にも

差し障るようにしているそうで、いじめの件数が1/5に減ったそうです。

 

アメリカでは、加害者にカウンセリングを受けてもらうことから、

いじめ対策を始めているそうです。

 

日本だけでなく、国力低下させる恐ろしい人災「いじめ」に、

各国が国をあげて対策に取り組んでいるようです。

 

親類縁者、職場にお子さんがおられる方が沢山いますが、

学童期の子供の一生を左右する「いじめ」は日本社会を根底から

揺るがし、日本人の精神、国民性までもを歪めていく感じがします。

 

いじめ世代は、やがて大人になって社会に出て行きます。

「スッキリ」でも言っていましたが、

「大人になってもいじめってありますよね」ということで、

やはり日本人の人間性を歪め、日本国家の生産性さえも低下させる

原因となっていくと思います。

 

 

最近のブログで、井上憲司氏がインド古典音楽について、

レクチャーを書いています。

 

あまり話すのが得意でない井上氏が、言葉少なに、でもとても楽し気に、

演奏者サイドから、ポイントを突いて書いているので、

昔に、インド古典音楽の本を数冊読んだことのある私が読んでも、

Ragaについて、再認識できて、これから聴く予定のコンサートが

更に楽しみに思えてきます。

 

インド古典音楽って、初めて聴いた人は寝てしまうことが多いそうです。

プロのミュージシャンのように敏感で特殊な耳の人以外は、

数回ライブに行って、耳が慣れるまで、いろいろなインド音楽の本に書いて

あるような「不思議な、あるいはぶっ飛んだ音楽」とは

聴こえないかもしれないです。

学問的な本もあれば感性が強い本もありますが、

いずれも間違っていないと思えます。

 

何回か聴き続けていると、やげて音楽がしみ込んできます。

 

でも、眠くなる、ただの心地よい、

純正律音楽のヒーリングミュージックとして聴いても

十分値打ちありますから。難聴治った人までいます。

 

Ragaって、素人の私にとっては、

音楽のエッセンスを抽象化したような、音楽の素的な

深さと良さがあるものに、思えます。

そして演奏者のその日の気持ちによって、その抽象化の度合いの、

ほどき加減、溶かしかた加減が変わっていくような感じ。

この世の成り立ち、現実世界の中の、どの辺りから表現していくか。

                                                   聴き手の入り方がどんなかも又聴こえ方に影響すると

思います。

抽象的なら高いとか、具体的日常的なら低いとか、

理性知性的なら高いとか、情緒的感情的なら低いとか、

そいうことは

まったくないです。そういう価値判断も疑問です。

人間ってその日の状態によって、いろいろだと思います。

演奏家が表現したいことも、同様だと。

 

ただ、聴き手がその時に潜在的に必要なことのヒントを、

何かしら得ることが出来たら、いいですね。

Ragaを「瞑想的」という方がいる理由の1つはそういうことでしょうか。

 

音楽を楽しみ、リフレッシュすることの他に、私がインド古典音楽が

大好きな理由には、それがあります。

不思議な音楽です。

 

世界中の有名アーティストを魅了してきたインド古典音楽。

何かしら刺激され、触発してくる音楽であることは、

今までも、これからも変わらないと思います。

 

井上憲司氏ブログ(2019/04/01〜02)

http://kenji-s-diary.blogspot.com/2019/04/raag.html

 

井上憲司氏インド古典音楽のあれこれ

http://kenjiinoue.com/#indian 

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

初夏も嬉しい、シタール奏者井上憲司氏 インド古典音楽

 

♪

今年の6月も来道あるのか!!

嬉しい初夏の、井上憲司氏 インド古典音楽コンサートです。

琴似のレッドベリースタジオの開演時間は未定です。

(私のようにシフトで働いていると、休み取りやすいですが..)

 

ちなみに、ヨガ・シャラ厚別スタジオの方は、5月です。

 

こんなことがずーっといつまでも続くことを

願って止みません。

何てことない日常だって、本当は奇跡の連続なのですね。

現代医学の力に大感謝です。

そしてバックアップしている関係者の方々の力にも

大拍手です。

 

苦しい治療に耐えて、大病を乗り越えていこうという

井上氏の意志の力に、こちらまで勇気づけられる思いです。

 

北インド古典音楽

日時:2019-05-18(土)

17:30open 18:00start

黒田真介/Tabla、井上憲司/Sitar

¥3,000

ヨガ・シャラ厚別スタジオ

札幌市厚別区厚別中央1条3丁目1-28厚別1・3ビル 3F

 

日時:2019−06−08(土)

黒田真介/Tabla、井上憲司/Sitar

 

レッドベリースタジオ

詳細未定ですが、以下にもスケジュールがアップ

されます。

http://www.akai-mi.com/st.schedule.html

 

黒田真介

http://jake.cocolog-nifty.com/weblog/2014/08/post-ec03.htm

 

井上憲司氏サイト

http://kenjiinoue.com/

 

井上憲司氏ブログ

http://kenjiinoue.com/#blog

 

井上憲司氏特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42236

 

あ

正直、インド古典ではないですが、

井上憲司氏のもう1つの活動、

KOLKATA ROLLも聴きたいです。

でも北海道には来られないのですね。

JAZICOの時もそうでしたが、CD以外で

聴けないです。

 

井上憲司氏は、音楽プロデユーサーとしても

ずっと活動されて来られた方なので、

そちらも楽しみであります。

もう1つの活動とゆっても、

名前の通り、KOLKATA ROLLもインドをモチーフに

活動されています。

大国インドへの敬愛をこめて。

http://kenjiinoue.com/kolkata-roll/

チューリップ

最初に食べたのは、頂き物でした。三越かな。

一般的に「ふりかけ」というものは、

どれも口に入れた時は、おいしく思えはするのですが、

化学調味料多そうで、私はこの種のものをさ程好まないのです、

 

でも、これにめちゃはハマりました。

こんな自然な感じで、あっさりとした、塩分も控えめなのに

しっかり美味しいふりかけは始めてです。

少し値が張ると思いましたが、た〜っぷり入っているので、

他のとグラム辺り比べると、サービス価格かも?と思っています。

ああ、ご飯が進んで困る。

 

佐川醤油店 うめ風味ごまふりかけ

https://www.sagawa-shoyu.co.jp/item/うめ風味ごまふりかけ/

 

佐川醤油店は何と創業1830年だそうです。

 

リラックマVer.2

最近、職場の昼休みにハマりまくって、

困ってるっていうか、太っていくっていうか...

喜びと悩みの種は、

湖池屋(コイケヤ)「濃いとうもろこしスコーン 

ハッピーバーレル」です。

めちゃウマいです。量もたっぷり。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/soukai/4901335501377.html

 

私が見つけたのは100均で、他で売っていないのです。

で湖池屋のサイトでは、

「どはまり濃いもろこし スコーン」という小さいのが出ているようなので、

食べたことはないのですが、同じものかもしれないです。

https://koikeya.co.jp/scorn/

 

ありがとうございます。

今年の冬のアイスバーンは、

ピンスパイク付きガラス繊維のBEAGLE

の防滑シューズで助かりました。

 

初めて、スノトレを履いた時も凄いと思いましたが、

それよりもまだ滑りにくいのがこれでした。

出会ってしまった。最強でした。

どんな靴でも油断したら滑りますので保証出来ませんが、

ビーグル様、様でした。

 

来年は家族や、冬に出かけられないという知り合いの高齢者にも履いてほしいので、

もっと5E以上に幅にゆとりのある。踵低くて、サイズの大きいのが

あると幸せです。年齢高い方がアクティブシニアになれるかどうかは、

冬靴にかかっておるのです。(お願い)

- | permalink | comments(0) | - | - | -

インド〜スペイン フラメンコの記憶(メモリア)

きらきら

シタール奏者の井上憲司氏が、

ジャマキートフラメンコの山本将光氏の公演に参加されます。

山本氏は男性のフラメンコダンサーとしても話題になっています。

札幌でもとても人気があり、ファンの方々も来道を待ちかねています。

 

なお、今回とても残念だったのは、フラメンコピアニストの安藤紀子氏が

事故で今回来られないことです。

1度舞台を拝見させて頂きましたが、「ロマ」の曲がとても良かったです。

 

「素敵な姉さん」という感じ、

「人から人生相談を持ちかけられそうな雰囲気」のある方、という印象でした。

実際はどうなのかは分からない。

楽しみにしていたのですが、それどころではありません。

しっかり養生して、1日も早く回復されますことを祈っております。

 

シタールの井上憲司氏がそこに入って、またインド古典の時と少し違う

演奏を聴かせてもらえました。

とても良かったです。

 

山本将光氏

https://ja-jp.facebook.com/masamitsu.yamamoto.7

 

山本海氏(フラメンコ舞踊ですが、サイトがない)

 

池田寿一氏(ギターですが、サイトが見つからない)

 

須田隆久氏

https://leonayoko.wixsite.com/taka/cante#!

 

安藤紀子氏

http://www16.plala.or.jp/andrew4088/

シタール奏者 井上憲司氏サイト

http://kenjiinoue.com/

 

ジャマキートフラメンコVOL.36

 

 

日時:2019-06-01(土)

18:30open19:00start

ジャマキート山本将光/フラメンコ舞踊、

山本海/フラメンコ舞踊、池川寿一/Guitar、須田隆久/Cante、井上憲司/Sitar

前売¥3,500 当日¥4,000(カレー付き)

インド〜スペイン フラメンコの記憶(メモリア)

CHANDAMA

札幌市中央区北3条西7丁目1-1緑苑ビルB1F

TEL 011-577-9487

 

ジャマキートフラメンコVOL.37

日時:2019-06-02(日)

16:00open16:30start

ジャマキート山本将光/フラメンコ舞踊、

山本海/フラメンコ舞踊、池川寿一/Guitar、須田隆久/Cante、井上憲司/Sitar

前売¥3,500 当日¥4,000(1DRINK付き)

+初夏のセビジャーナス祭り

エルマンゴ

札幌市中央区南7条西3青樹社ビルB1

TEL 011-512-0195

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

2019  井上憲司氏が、またインドに旅立ってしまった

♪

治療中に、また今年も井上憲司氏は渡印してしまいました。

ノーベル賞まで受賞している新しい治療法とはいえ、こんな時に...と、

思ってしまうのは、ファンの勝手ですね。

 

大きな病気をしたら、むしろ生の1分.1分の大切さを健康な人より

感じ取る事が出来てしまって、こういう行動になるのかもしれないですね。

 

衝撃で、脱力しつつ、でもまた今回も井上憲司氏がアップしてくれる

インドの風物のブログの記事を楽しんでしまっています。

やはりインドに詳しい井上氏のガイドするインドは魅力的です。

 

インドを敬い、学び、愛し、インドの楽器シタールに人生を傾けてきた井上氏。

「ついにKenji inoueはインドの著名なシタール奏者に、ひけを取らなくなった」

とインドの新聞各紙が書いて下さってからも、

井上憲司氏は毎年インドへ行き、師に学び、研鑽を積み続けています。

 

今、現代医学の力で大病を抑え、渡印を果たしている井上憲司氏が、

今年もまた無事にインド滞在を果たし、帰国されることを祈っています。

 

井上憲司氏ブログ

http://kenjiinoue.com/#blog

 

 

井上憲司氏いろいろ特集記事

http://blog.morino-kyu.com/?cid=42236

 

井上憲司氏サイト

http://kenjiinoue.com/

 

 

★最近ファミマの自社ポテチがすごくレベルアップしている

事を感じます。

どのコンビニもカルビーの協力で自社ブランドのポテトチップスを

出していますが、今の一番のお気に入りはファミマです。

 

職場でも、評判がいいです。

仕事柄汗をかくので、塩分補給の為に食べ始めましたが、

今では必要以上に...。

 

成人病が気になる年代なので、味だけでなく塩分濃度もチェックしますが、

ファミマのは後味もいいです。

 

http://www.family.co.jp/

 

ああ、やせたい。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -

働く中・高齢者層女性の靴に愛を!!!

チューリップ

アクティブシニアの時代といい、人口減少に伴う、

人手不足が身の回りでも感じられています。

 

働く高齢者も増えたし、都道府県市町村等の市民ボランティアの現場でも、

高齢者が多数活躍しているそうです。

 

だから、その「アクティブシニア」を

 

サポートする体制がないとダメですよね。

支援してほしい。

誰か頭のいい人達に考えてもらいたいものです。

 

で、特に女性の場合、靴も大事だと思っています。

 

女性の靴は、紳士ものに比べて、サイズも小さいし、

幅も狭いです。

少数ある、「足の健康にいい靴」「オーダー靴」は

値段が高いです。

普通の靴屋さんで買えないと、手が出ない人が多い。

しかも、デザインが日本の靴としては変わっている。

女性は多少はお洒落な感じがしないと、ダメだそう。

(これこそが贅沢か)

 

結論からいうと、30才過ぎると足のトラブルを抱える働く女性が増え、

高齢者になると、外反母趾、巻き爪だけでなく、

成人病も含めた様々な理由で、足がむくんで靴がきつくなり、長さ、幅共に

サイズアップするしかない方も増えてくる。例えピンヒールでなくても、

普通の靴踵の高さが少し上がると足に負担がかかると言う方が周りに何人かいます。

 

流行のイタリアンカットのような、細身のデザインのパンプス何かは、

履かなければそれで済みますが、

誰もが履かなければならない普通踵の革靴、

スニーカー、防滑シューズは、幅が狭かったり、サイズが小いさかったり

すると、足を痛めつけたり、転んだり、

ついには仕事に差し障り、外出したくなくなりますよね。

 

細身の靴は確かに格好いいし、皮や布地がその分節約出来るので、

コストも微妙に安く済むかもしれないのですが、

履けない人が増えるということは、購買者数も減るということでは?

 

デザイナーも、細身でない太身の靴で素敵なのを

考えてほしいですよね。太い靴は可愛いし。

 

働く女性が増えた現代社会、立ち仕事で足がむくむ人も

多いと思います。

立ち仕事より更に足を痛めつけるのは、立って肉体労働する系です。

医療福祉関係とか。

 

自分の場合も。肉体労働系立ち仕事になってから、足のサイズが0.5cmまず大きく

なりました。

そして、足がむくむので、靴の幅が細いものは履けなくなりました。

それから巻き爪になり、今私の履くくつは足のサイズより、

1〜1.5cm大きくないとダメになってしまったのです。

ゆるいスニーカータイプの仕事靴履きます。

サンダルタイプ履く人達もいますが、私は足が疲れるのでパスです。

 

仕事柄、足の指が巻き爪になります。

私はストレッチャーで足の爪を二回轢いたことがあり、

その爪2本は「鷲爪・肥厚爪」になってるし、周囲の足指も4本位

足の指が巻き爪になります。

爪が足の肉に食い込んでいき、膿んで病院かかったことが

何回もあります。

 

そして医師に言われたのが、つま先が当たらない大きな靴を履きなさいという

ことです。

それには靴の縦の長さだけでなく、横幅も必要です。

恥ずかしながら私の職場の靴は、スニーカータイプだから

4Eの25cm。

そして、最近これでも時々、つま先に靴が当たることがあります。

 

で、ちなみに私の知人に高齢者がおりますが、

立ってする奉仕活動を長年やってきた為に、

足のサイズが大きくなり、横幅も広がってしまいました。

足のむくみだけでなく、成人病や加齢からくる冷えがあり、

厚めの靴下を履いて靴を履きたいけど、

靴の幅や長さが小さいので、出来ないと。

 

紳士ものは女性のと仕様が違い合わないし、

サイズが同じだと別に幅が大して広くなくてダメだったり、

最近は外出するのに靴がなくて、古い靴を直して履いているそう。

 

靴を買いたくても、合う物がない。

オーダー靴は超高く、手頃な値段でないと論外なのです。

 

そこに更に生命の危険までが、靴によってもたらされている

という話。

 

寒さが厳しい北海道は「しばれる」ので、

アイスバーンで地面がテッカテカのスケートリンク。

 

スケートリンクなら平らですが、デコボコのアイスバーンの

恐ろしさは知られています。

滑り止めのついた防滑シューズを履いていても、

ツルっと滑って転んで、頭や腰や膝を打つ。

骨折した高齢者の話も、多々聞いています。

 

防滑シューズは、冬靴なので夏靴と違い、靴下が厚いです。

特に高齢者。

だから普通より長さと幅がないと履けません。

防滑シューズは、通常、女性の靴の最大が

25cmだとしたら、26cmのがないと足を痛めつけるという

ことです。

一部25.5cmを作ってるメーカーがありますが、

踵が少し高めなので、高齢者は無理だそうです。

 

足の小さいひとと、大きい人は履く人の人数が限られるので、

特殊なメーカーが作っていると思われますが、

近年大きなサイズを作っているメーカーが消えてしまい、

困っている人が結構いるという話し。

紳士ものを履いても、幅が狭いというので驚きです。

 

ムーンスター、ビーグル、ヨネックス、

あとデパートの靴売り場にある、お洒落系の大きなサイズの革靴メーカーの方、

防滑シューズ26cm作ってほしいです。幅も今年のサイズより幅広いの。

5Eとか。6Eでも。

 

ブーツは、高齢者はダメだそうです。

簡単に履けないから。

ショートブーツでも腰悪い人は苦しいそうです。

玄関先で足が上がらない人も結構いるらしいです。

普通の短い靴の防滑シューズでないと、

前もって先に予約して作ってもらってもいいですよね。

 

靴メーカーの人、アクティブシニア達のために人助けだと思って

やってほしいです。

 

リラックマVer.2

「最強防滑シューズは、

ピンスパイク付きガラス繊維のBEAGLEかも」

 

性能のいい防滑シューズで、今主流なのは、「ガラス繊維」です。

しかしこれもいろいろあって、ものによっては、

平らな氷の上ではビクともしなくても、

氷がちょっとデコボコしていたら、

簡単にツルツル滑る場合があります。

 

工夫してあるガラス繊維でも、厳寒期のアイスバーンの上では、

無力で、ツルツルと滑ります。

 

かといって太い金属スパイクをそこに付けると今度はお店の中の

硬い床で転ぶという話。

 

今年、安売りの「SHOES PLAZA」で、買った

アイスバーンを歩くための防滑シューズは、BEAGLEという

メーカーでした。

しかも価格は手ごろのお値段なのです。

 

「SHOES PLAZA」は安売り店ですが、商品知識の詳しいこと、

詳しいこと。しかも良心的。

今年はたまたま店長に、いろいろな防滑シューズの説明を受けましたが、

もう素晴らしかったです。ありがとうございます。

お陰様で私も少し詳しくなりました。

 

BEAGLEの靴は、ガラス繊維にプラスして、細いピンスパイクが打ってあるのです。

ピンが太いのは時々みかけますが、細いピンは?

「SHOES PLAZA」でも最強防滑シュ−ズと銘打って販売されていました。

 

これ本当に凄い。何に寄らず靴に頼ったら、どんな靴底でもアイスバーンは転びますが、

このBEAGLEの靴は、アイスバーンの上でもかなり頼れます。

しかもお店の硬い床でも大丈夫(これも油断したら終わりですが)。

 

北海道の場合、朝は雪かきがされてなかったり、気温が特に低いので

通勤するのが憂鬱になる程、路面が滑るのです。

 

ありがとうございます!!BEAGLE!!!!!

 

(ちなみに店長さんが押した、

メレルという地球の極地の氷でも滑らないという靴は

お値段でパスしています。あくまでお手頃価格で〜す)

 

しかしBEAGLEの靴はどちらかというと太いのがない。

どうか、私の知人アクティブシニア女性達のために、

せめて26cmまでの婦人靴、幅ももっと大きいデザインを作って下さい。

踵も(ヨネックスより低めで)低めで。

 

上記のことは、個人的なことであり、油断したら何をしていても

事故につながります。何の保証も責任も取れない情報です。

 

森の休日社

http://www.morino-kyu.com/index.html

- | permalink | comments(0) | - | - | -